CATEGORY

ニュース

  • 2020年6月3日

学校でのオンライン双方向授業、実現遠く――中高ではわずか6.8%の実施

朝日学生新聞社は小学生の保護者と中高生の保護者または本人を対象に「休校中の学習・生活」についてアンケート調査した結果を発表。それによると、休校中の学習形態として最も望まれているのが「教師との双方向オンライン授業」であるにもかかわらず、実現している学校は1割に満たないという。