九州大学と立命館アジア太平洋大学が連携、国際機関で活躍できるグローバル人材の育成へ

九州大学と立命館アジア太平洋大学は2020年8月24日、国際機関で活躍できる人材の育成に取り組むことを目的として、連携協力協定を締結した。

九州大学は、総合大学としての研究教育活動に根ざした幅広い分野の教育リソースを持つ。立命館アジア太平洋大学は、国内でも先駆的で実績のある多文化協働スタイルによる教育リソースを有する。今回の協定締結では、相互の教育リソースを活用し、九州からグローバルな舞台で活躍できる人材の育成を目指す。

今後は、国際シンポジウムやセミナーなどの共同開催や、国際機関での活躍を目指す両大学の学生のためのワークショップなどを実施し、学生のキャリア支援などに取り組んでいくとしている。

[関連リンク]

九州大学と立命館アジア太平洋大学が連携協力協定を締結