予備校に通うならいつからが正解? 高校生が予備校に通い始める時期を調査

志望校合格を目指すなら予備校を利用するのが一番の近道ですが、いつから予備校に通い始めればいいのか迷っておられる方も多いのではないでしょうか。いつから通い始めるのがベストかは人によって異なりますが、それでも他の受験生よりも早く予備校に通う方が有利なのは間違いありません。となると、一般的に受験生がどのくらいの時期から予備校に通っているのかは非常に気になるところです。

そこで当サイトでは、大学受験を終えた人にアンケート調査を実施し、予備校に通い始めた時期について調べました。先輩たちは実際に、何年生の何月ごろから予備校に通っていたのでしょうか? 実際のアンケート結果をもとに詳しくご紹介します。

大学受験のために予備校に入学! みんなはいつから通ってる?

どのような時期に予備校に通い始める人が多いのでしょうか。アンケート結果から具体的に確認してみましょう。

先輩たちが予備校に通い始めた時期は?

当サイトでは、大学受験を終えた101人を対象に、高校各学年を「4月~6月」「7月~9月」「10月~12月」「1月~3月」の4期に分け、いつ予備校に通い始めたかについてアンケート調査を実施しました。その結果をまとめたものがこちらのグラフです。

あなたが予備校に通い始めたのはいつですか。

まず、学年ごとに見てみましょう。

アンケート調査の結果では、高校1年生から通い始めた人は25.9%、2年生から通い始めた人は28.7%、3年生から通い始めた人は20.9%でした。高2から予備校に入学する人が最も多いものの、学年ごとに見るとそれほど差はありません。高3から通い始める人も決して少なくないと言えます。つまり「何年生から予備校に通うのが一般的」と言うことはできず、通い始める時期は個人によって大きく異なるということです。

また、いずれの学年でも「4月~6月」に通い始める人が多いことが分かりました。学年が上がったタイミングで気持ちも新たに予備校に入学する人が多いようです。高校2年生の「7月~9月」「1月~3月」に通い始めたという人も目立ちます。「いよいよ来年は受験生だ」と考え、高2の夏休みや春休みから高3に向けて備え始める人が多いのでしょう。その他、現役で高校生の時は予備校に通っていなかったものの、浪人してから予備校に通い始めたというケースも多いことが分かりました。

理想を言うと、いつから予備校に通っておけばよかった?

受験を終えた先輩たちの中には、「もっと早く予備校に通っておけばよかった」と考えている人も少なからずいます。そこでアンケート調査では、「いつから予備校に通い始めるべきだったか」について尋ねました。

あなたは予備校に通い始める時期は、いつからが一番いいと思いますか。

アンケート調査の結果では、高校1年生の「4月~6月」に通い始めるべきと考える人が最多でした。やはり、早くから予備校に通う人の方が多いようです。

アンケート調査の結果、以下のようなデータも得られました。

実に46%、約半数の予備校利用者が「自分が通い始めた時期よりも早い時期に通い始めるのが一番いい」と考えています。早い段階から通うことでより多くの講座を受けられますし、高1・高2から通えば学校の授業を先取りしてより基礎力をつけることもできます。こうした理由から、早くから通うべきだと考える人が多のでしょう。

予備校に通い始めるのが遅いとまずい!?

アンケート調査の結果から、「予備校に通うなら早ければ早いほどいい」と考える人が多いと言えます。

とはいえ、事情によって高1や高2から通うことが難しいこともあるでしょう。そのような人の場合、「もしかして出遅れている?」と気を落とす必要はありません。先ほどデータをご紹介した通り、高3から予備校に通い始める人も20%ほどいます。

では、予備校に通い始めるのに適した時期はいつなのでしょうか? ケースごとにご紹介しますので、参考にしてみてください。

部活を頑張りたい

高校での部活は高校生のうちしか謳歌できませんから、勉強以外に部活も頑張りたいという人は多いでしょう。上下関係が厳しい部活だと休むことが難しく、予備校に通う暇がないということもあります。

そのため、高1・高2では部活を頑張り、引退した高2の終わり頃、あるいは高3から受験勉強に本腰を入れて予備校に通い始めるという人も多いようです。また、普段は予備校に行く時間が取れなくても、夏休みや冬休みの短期講習のみ利用し、部活と受験勉強を両立する人もいます。本人の努力次第ですが、十分巻き返すことも可能でしょう。

金銭的にそこまで余裕がない

もちろん、3年間フルで予備校に通い続けられれば理想的です。しかし、予備校の学費は決して安くありません。入塾金と通常授業料、さらに夏期講習や冬期講習といった特別講習の費用を加えると年間で数十万円はかかります。当サイトのアンケート調査でも、トータルで200万円ほど払ったという人は少なくありませんでした。

予備校の費用は通常、学期ごとやコマ数ごとに支払うため、通う期間が長いほど、また授業数が多いほど高くなります。そこまで多くの予備校費を工面できなければ、高2の終わり~高3から通い始めることになるでしょう。はじめは費用を安く抑えられるオンラインの予備校を活用したり、学校の補習を活用したりすれば、学力面で大きく後れを取らずに済みます。

志望校のレベルが高く金銭的余裕もある

東大・京大などの難関国公立大や、大学入試における倍率の高い難関私立大の場合、早めに予備校に通い始める必要があります。

このように確実に偏差値を上げたいという場合、高1の初めごろから通い始めるといいでしょう。

実際、いつから予備校に通い始めればいい? 経験者の意見を聞いてみよう

予備校を利用した経験者から、いつから予備校に通い始めたか、またいつから通い始めるのが理想的かについて口コミを集めました。先輩たちの声を参考に、予備校に入る時期を検討しましょう。

高校1年生から通い始めた

高校生に入ってすぐ予備校に通い始めた方がいいかと思います。15~16歳の頃は頭脳が柔らかいし、「鉄は熱いうちに打て」ということわざがあるように、早いに越したことはないと思います。将来的な目標が定まった時点で、行動に移したほうがいいと思います。

早くからの方が受験対策には良いとは思いますが、自分の子供と相談して行く、行かないを判断しても問題ないと考えます。授業の理解力が低い、テストの結果が良くないようであれば、予備校に通うのもありかと思います。お金がかかることなので、進学先を受験出来る学力か判断して、サポートの役割で予備校を利用することは良いと思いますが、友達が行ってるから行きたいとか、大した勉強もしないようであれば、必要ないと考えます。

高校2年生から通い始めた

有名大学に合格したい人は、高校2年生の4月には予備校に通い始めるべきだと思います。理由として私の周りの有名大学に合格した人達がこの時期には予備校に通い、受験勉強を開始していたからです。受験生の多くが高校2年生の夏や冬に予備校に入り、受験勉強を始めます。しかし、有名大学に合格したいならそのような人達と同じペースで勉強していたら遅いです。他の受験生と差をつけて合格するには高校2年生の春がベストだと私は考えます。

やはり大学受験は高校3年生の1年が勝負で、そこの頑張りが合否に最も影響してくると思っています。ただ予備校に慣れるまでも時間がかかるので、高校2年生の終わりごろに予備校に入り、ある程度慣れた状態でラスト1年のスパートをかけるのがベストだと考えています。高校1年からなど早い段階で入るとやる気の継続が心配なので、個人的にはあまりおすすめしません。

予備校に通い始めるのに理想的な時期は高校2年の1~3月だと思います。理由としては、高校3年になる前に勉強の習慣をつけることができるため、また、志望校の選択、志望校へ向けての受験勉強の仕方や計画などを考えることができるためです。ただ、志望校の難易度や個人の学力、部活や習い事の忙しさなどにもよるので、周りに流されずいつから予備校に通い始めるべきか自分自身で考えることが一番大切だと思います。

高校1年生のうちは、高校生活に慣れるのに精一杯なため、予備校に通う必要はないと思う。それよりも部活を頑張ったり、友達と遊んで高校生活の思い出を作ったりした方が良いと思う。高2から、大体の人が少しずつ大学について調べたりし始めるので、この時期が予備校に通い始めるのに適切ではないか。あまり早いうちから予備校に通っても中だるみしてしまうので、メリハリをつけるのが大切だと個人的に思う。

高校3年生から通い始めた

私は高校3年生になってすぐの時期に、慌てて予備校に通い始めました。それまでは定期テストの前くらいしか勉強に力は入れていませんでした。高校1年生のときは高校生活に慣れることで精一杯かと思いますが、高校2年の初めぐらいからは進路について真剣に考え出してもいい頃なのではと思います。実際、高校2年の早いうちから志望大学を決め目標を持って予備校に通って勉強していた友人は希望通りの学校に行けた子が多いです。私が通い出したのは受験まであと1年もないという時期だったので、もっと真面目に勉強しておけばよかったと後悔しています。

私は、高校3年生の4月から予備校に通い始めましたが、それでは遅いと思います。自分の志望校が、今の自分の偏差値より5~10くらい高い大学を志望しているならば、遅くとも高校2年の4月から通わないとダメだと思います。高校1年生から通い始めても良いが、実際のところはちょっと早いと思います。それは、高校1年生は高校の授業の基礎を学ぶためです。

部活をやっている人は高校3年生の春や夏まで部活があると思うので、通うのは引退した後になってしまうと思います。東進予備校などのオンデマンドでいつでも見ることができるものなら1年生から入っても良いかと思います。部活が忙しくなければ受験が1年後になる高校2年生の1月、2月あたりから始めると良いと思います。予備校自体の授業が4月からであるならば3年生の4月です。早めに受験勉強を始めるに越したことはないですが、無理して効率悪く続けるより部活が終わって切り替えるのがベストです。

口コミ全体を見ると、「高1ではまだ高校生活に慣れていないため、リズムをつかめてきた高2の4月~6月」あるいは「高3に上がる直前の1月~3月」から通い始めるのがいいという意見が目立ちます。高1から通えばその分偏差値アップが期待できますが、慣れない高校生活との両立が負担になってしまうこともあります。一方で高3から通い始めた人は、もっと早くから通えばよかったと言う人が少なくありませんでした。部活や費用、志望校のレベルなどさまざまな事情を総合的に考え、自分のペースで予備校に通うといいでしょう。