日本で“教育力”の高い大学は――1位 東北大、2位 京都大

英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」(THE)は2020年3月24日、日本の国公私立大学278校を“教育力”でランク付けした「THE 世界大学ランキング日本版 2020」を発表した。

今回の調査で総合ランキング1位となったのは東北大学(昨年3位)。初の首位となった。2位は京都大学(同1位)、3位には東京大学(同2位)と東京工業大学(同7位)がランクインした。

THEの「世界版」ランキングでは“研究力”をスコア化し順位を付けていて、「日本版」では“教育力”を評価している。入学時の学力ではなく、学生の学びの質や成長性に焦点を当てているのが大きな特徴だ。THEは2016年、ベネッセグループと業務提携し、2017年より日本版を発表。今年で4回目となる。

評価対象となるのは、学生1人当たりの教員数や教員1人当たりの論文数などを評価した「教育リソース」、教員と学生の交流機会や授業・指導の充実度などを数値化した「教育充実度」、企業人事や研究者などからの評判を調査した「教育成果」、外国人学生・教員の比率などを測った「国際性」の4分野だ。

分野別のランキング1位は、「教育リソース」が東京大学、「教育充実度」と「国際性」の2分野が国際教養大学、「教育成果」が京都大学。昨年同様の結果となった。

大きく順位を伸ばした大学を挙げると「教育成果」分野では東北大学が昨年7位から4位に上昇、筑波大学は11位から6位へ順位を上げた。「教育充実度」分野では九州大学が昨年23位から12位に。「国際性」では梅光学院大が15位から5位へ急上昇した。

[関連リンク]

プレスリリース