立命館とNTT西日本が連携――「ソーシャルコネクティッド・キャンパス」の創造を目指す

立命館大学は2020年8月25日、ICTを活用し、学術研究、教育、産業界などのさまざまな分野をつなぎ、地域社会の発展を導く構想「ソーシャルコネクティッド・キャンパス」の実現に向け、西日本電信電話(NTT西日本)と連携協定を締結したと発表した。

ソーシャルコネクティッド・キャンパスは、地域や世界の人、企業、団体とシームレスに、リアルとデジタルでつながることで、社会共生価値を創造し、さまざまな社会的な課題の解決を目指すという構想だ。

立命館大学とNTT西日本は、クラウド、IoT、AI、xRなどNTT西日本の先端情報技術を活用し、そのようなソーシャルコネクティッド・キャンパス構想の実現を目指すという。

立命館大学は、京都、滋賀、大阪の3キャンパス全体での教育・研究の向上を目指し、2024年度に映像学部・情報理工学部を大阪府茨木市の大阪いばらきキャンパスへ移転する予定。そこでこれを機に、同キャンパスをソーシャルコネクティッド・キャンパスとして新たに創造するしている。

[関連リンク]

学校法⼈⽴命館との教育・学術と地域社会とをつなぐ「ソーシャルコネクティッド・キャンパス」創造に関する連携協定について