2021年度大学入学共通テストの志願者数が確定――前年より約2万人減の53万5245人

大学入試センターは2020年12月8日、2021年度大学入学共通テストの志願者数が確定したことを発表した。それによると、総志願者数は前年より2万2454人少ない53万5245人だったという。

そのうち、現役生は前年より2440人少ない44万9795人、既卒者は前年より1万9369人少ない8万1007人、高卒認定などの志願者は前年より645人少ない4443人で、既卒生の志願者数の減少が特に著しかった。

日程別志願者数については、2021年1月16日および17日は53万4527人、2021年1月30日および31日は718人となった。出願書類の点検や重複出願の確認などを実施したため、2020年10月15日発表時点から志願者数に変更が生じている。

なお、2021年3月に卒業見込みの全現役生のうち、共通テストに出願した人の割合(現役志願率)は44.3%であり、前年より1ポイント増加している。

[関連リンク]

令和3年度大学入学共通テストの志願者数等について