慶應義塾大学、経済学部のPEARL入試で世界標準WEB入試システム「TAO」を導入すると発表

慶應義塾大学は2021年6月2日、同大学経済学部のPEARL(Programme in Economics for Alliances, Research and Leadership)入試において、世界標準モデルのWeb入試コンソーシアム「The Admissions Office(TAO)」を利用した志願者募集を同年10月から開始すると発表した。

TAOは、学生が一つのフォームで複数の大学に出願できる世界標準のオンラインアプリケーションだ。願書や選考書類の提出、合格発表などの入試プロセスを一括で行える。日英両言語に対応しているため、海外からの出願者も容易に利用できる。

慶應義塾大学経済学部のPEARLは、英語で経済学を学ぶ9月入学のプログラムだ。全志願者に対する外国籍志願者の比率は51%で、海外から多くの学生を受け入れている。同大学によると、TAOの導入により入試プロセスを世界標準化・デジタル化することで、どの国の志願者もこれまで以上に出願しやすくなるという。

慶應義塾大学がTAOを採用したことで、芝浦工業大学、京都先端科学大学、総合研究大学院大学、早稲田大学と合わせて、日本でのTAO導入校は全部で5大学になったことになる。

[関連リンク]

慶應義塾大学が世界標準入試システム「TAO」を採用