文部科学省、2021年度医学部医学科の男女別合格率を公表――初めて女性の平均合格率が男性を上回る

文部科学省は、2021年度の医学部医学科の入学者選抜における男女別合格率を公表した。男性の平均合格率は13.51%、女性の平均合格率は13.60%で、調査データがある2013年以降、初めて女性の平均合格率が男性を上回った。

同省は2018年に東京医科大学など複数の医学部医学科の入試において女性差別をはじめとする不正が明らかになったことを受け、医学部医学科の入学者選抜における公正確保を目的として、医学部医学科の入学者選抜における男女別合格率を調査している。

2021年度は、医学部医学科を設置している81の国公私立大学を対象として調査を実施。それによると、医学部医学科の入学者選抜における男性の平均合格率は13.51%、女性の平均合格率は13.60%となり、女性の平均合格率が男性より0.09ポイント上回った。女性の平均合格率が男性を上回ったのは、調査データがある2013年以降、初めてのことである。

2021年度の女性合格率が男性合格率を上回ったのは、計42大学で、昨年度から19大学増えた。

なお、2013年~2018年の平均合格率は、男性が11.25%、女性が9.55%。2019年の平均合格率は男性が12.11%、女性が11.37%。2020年の平均合格率は、男性が12.56%、女性が11.42%となっていた。

[関連リンク]

医学部医学科の入学者選抜における公正確保等に係る調査について