早大、2021年度から全学生に向けデータサイエンス教育を展開――オリジナル認定制度の創設へ

早稲田大学は2020年12月17日、2021年度から全学部・研究科の学生約5万人に向けて体系的なデータ科学教育を展開することを目的とし、同大学オリジナルのデータサイエンス認定制度を創設すると発表した。

同制度の創設に当たり、全学生がデータ科学を学べるよう、フルオンデマンドの全学共通データ科学教育プログラムが用意される。同プログラムでは、データサイエンスの「理論」だけでなく、実際のデータを取り扱うための「スキル」も学習できる。A〜D群の履修科目群があり、A〜B群で基礎を学び、C〜D群で専門・専門外の分野へのデータサイエンス活用について学習する。

このプログラムでの学習成果を評価するのが、今回創設されるデータサイエンス認定制度だ。リテラシー級、初級、2022年度以降開設予定の中級、2023年度以降開設予定の上級といった四つの級が設置され、各級の定める要件を満たした学生には修了証明書が発行される。

早稲田大学は、多くの学生が本認定制度を活用してデータサイエンスに関する素養を高め、自身のキャリアの可能性を切り開くことを期待するとしている。

[関連リンク]

全学生対象Data Science認定制度開始 – 早稲田大学