日本人学生に対する1年未満の留学プログラムへの支援を再開 文部科学省

文部科学省は2022年2月4日、大学間交流協定に基づく日本人学生の1年未満の留学プログラムについて、日本学生支援機構による支援を再開したと各大学などに周知した。再開にあたって、大学などに現地の最新情報を把握し、学生らの安全確保に万全を期すよう求めた。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大以降、文科省は日本人の海外留学について慎重に検討するよう要請。外務省の感染症危険情報レベル3(渡航中止勧告)の国・地域への留学は取りやめ、レベル2(不要不急の渡航取りやめ)の国・地域への留学についても、中止や延期などを検討するよう求めてきた。

しかし、感染拡大の長期化にともない、海外大学の学位取得を目指す留学については2020年11月に、大学間交流協定等に基づく1年間の留学については2021年6月に、同機構による奨学金の支援再開を決定。2021年8月渡航分から、支援を再開している。

1年未満の留学プログラムについては支援再開の対象外だったが、感染拡大の終息を待っていると、留学機会が得られないまま卒業する学生が数多く生じる可能性があることから、今回、再開を決めた。

文科省は支援再開にあたり、大学に対して、留学先の感染症危険情報などを事前に学生らに説明するよう要請。同時に、感染への不安などから留学を希望しない学生には、留学の代替措置を講じ、留学しないことが不利な扱いとならないよう配慮を求めた。

同機構の支援対象となる留学プログラムは22年4月以降の派遣プログラムとなるが、「トビタテ!留学 JAPAN」については、大学間交流協定に基づくものではないことから21年度中に留学した場合も対象とする。奨学金などの支給に必要な手続きについては、同機構から対象となる大学などに詳しい説明が行われる。

[関連リンク]

留学中・留学予定の日本人学生の皆さんへ(2022年2月7日更新)