京大が「特色入試」で工学部の募集定員増 2023年度から

京都大学は2022年3月29日、入試の一般選抜とは別に、調査書などの書類選考や小論文で選考を行う「特色入試」において、 募集人員を増やすと発表した。実施は2023年度からで、対象は工学部の地球工学科、建築学科、工業化学科。試験の詳細は7月ごろに公表される。

京大の特色入試は、将来幅広い分野でリーダーシップをとって社会に貢献できる優れた学生を発掘、育成することを目的としている。選抜においては、高校生活での特徴的な活動や成果を重視し、各学部・学科が独自に定める資質や意欲・志などを総合的に評価する同大学独自の方式が取られ、2016年から導入されている。

募集人員が変更されるのは、工学部の3学科。地球工学科を従来の3人から4人、建築学科を2人から3人、工業化学科を7人から10人と、それぞれ1人~3人増やす。

また、工学部の物理工学科、電気電子工学科、情報学科では推薦要件を変更。各学校長が推薦できる人数を、1人から男女各1人計2人とする。これは男女共学校のみが対象で、男子校と女子高は従来通り、1学科1人までとなる。なお、同部工業化学科は、男女問わず推薦できる人数を1人から2人に増やす。

このほか、工学部の建築学科と物理工学科、医学部の医学科と人間健康科学科、薬学部薬科学部は出願時の提出書類や要件の一部を変更。医学部人間健康科学科は、大学入学共通テスト利用教科科目も変更する。

2023年度特色入試の募集要項は7月ごろに公表される予定。大学では詳細を必ず確認するよう求めている。

[関連リンク]

令和5年度 特色入試入学者選抜方法における変更について(予告)