最優秀賞に奨学金20万円 「新しい時代のボーダーレス」をテーマに高校生・留学生作文コンクールを開催

拓殖大学は2022年6月1日、同大学などが主催する「第24回全国高校生・留学生作文コンクール」の募集要項を発表した。テーマは「新しい時代のボーダーレス」で、作文の募集期間は7月1日から。 最優秀賞受賞者には、奨学金として20万円が贈られる。

同コンクールは、明治から大正にかけて日本の国際化に貢献した同大学の第3代学長・後藤新平と、第2代学監・新渡戸稲造の精神を受け継ぎ、グローバルな若い人材を育成しようと行われているもの。高校生の部と留学生の部があり、留学生は、大学等への進学を目指して日本国内に住み、高校や日本語学校などに在籍している学生が対象となる。

今年の作文のテーマは「新しい時代のボーダーレス」。国境や性別、現実世界と仮想現実など、新しい時代のボーダー、ボーダーレスについてSDGsの観点から考えるというもの。作文は、指定の原稿用紙かパソコン用入力フォームで提出する。原稿用紙なら4枚以上5枚以内。入力フォームなら1201文字以上2000字以内にまとめる。

審査委員長の甲斐信好副学長は「いま、当たり前と思ってきた『ボーダー』が次々と変わっています。一番のボーダーは私たちの『思いこみ』かもしれません。若い力と発想で新しい世界を創造してみてください」と応募を呼びかけている。

募集期間は、2022年7月1日(金)~9月7日(水)必着。高校生の部、留学生の部からそれぞれ最優秀作品1点ずつをはじめ、優秀賞や入選、奨励賞などの作品を選ぶ。最優秀作品には奨学金として20万円、ほかの入賞作品にも奨学金10万円から3万円、1万円分の図書カードなどが贈られる。

[関連リンク]

拓殖大学「第24回全国高校生・留学生作文コンクール2022」