立教大学、2021年度より法学部に「法曹コース」設置へ――法科大学院と連携協定も

立教大学は2020年12月11日、2021年度より同大学法学部に法曹コースを開設すると発表した。これに伴い、慶應義塾大学大学院法務研究科、早稲田大学大学院法務研究科、中央大学大学院法務研究科の三つの法科大学院と法曹養成連携協定を締結したという。

同コースは、司法試験の合格を目指す学生を支援するものだ。2年次進級時に20名を選抜し、少人数で実践的なカリキュラムで法律文書作成能力などの習得を目指す。指定の条件を満たせば、3年次終了時に卒業して他大学の法科大学院への早期進学もできるという。

今回の連携協定により、法曹コースを卒業する学生は、予備試験の受験や他の法科大学院を受験するという選択肢に加えて、連携先の法科大学院を特別枠で受験できるようになる。

[関連リンク]

立教大、法学部に法曹コース開設…法科大学院と連携協定