現役東大生対象のAIロボコン「東進デジタルユニバーシティ ロボットコンテスト」12月26日・27日開催

東進ハイスクール・東進衛星予備校を運営するナガセは2020年12月23日、現役東大生を対象とするAIロボコン「東進デジタルユニバーシティ ロボットコンテスト」を、同年12月26日と27日の2日間にわたって開催すると発表した。

同社は2021年春、社会にデジタルイノベーションを生むトップ人材を育成する「東進デジタルユニバーシティ」の本格開校に先駆け、東京・丸の内にキャンパスを構えた。今回のロボットコンテストは、その「丸の内キャンパス」オープニングイベントの第2弾となる。

今回のイベントでは、ロボットカメラ画像の画像分類プログラム作成を通じて、ディープラーニングを実際の画像・データに対して実装する力を磨き、ビジネスへの活用の土台を体得することを目指す。コンテストのタイトルは「初めてのおつかい」だ。参加者は、数ある食材の中からお題の料理に必要な食材のみを購入するための画像認識モデルを設計し、ロボットのおつかいの精度を競う。

イベント当日は、講演とコンテストの2部構成。講演においては、画像認識モデルの設計に必要な「TensorFlow,Keras」の基本知識やテクニックについて、データ活用のリーディングカンパニーであるブレインパッドの最高データ責任者・太田満久氏が解説する。

本イベントの定員は18人。2020年12月25日中にtdu.s@toshin.comに参加希望のメールを送れば、無料で参加できる。開催時間は26日と27日の両日とも13時~18時30分。開催地は東進デジタルユニバーシティ(東京都千代田区丸の内 1-11−1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内12階)だ。コンテスト優秀者はその栄誉を称え表彰される。

[関連リンク]

「東進」のナガセ主催 現役東大生のAI実装力を競う AIロボコン 12/26(土)27(日)開催!