明治大学、入学式が中止された昨年度の入学者と本年度の入学者の合同入学式を開催

明治大学は2021年1月29日、2020年度入学者と2021年度新入生の入学式を合同で開催すると発表した。入学式は同年4月7日に、日本武道館で実施する。

同大学は昨年、新型コロナウイルス感染症拡大を受け、2020年度入学式の開催を中止した。今年は感染症対策を講じた上で、昨年度入学式に参加できなかった2020年度入学生と、2021年度新入生を対象に合同で入学式を開催する。

入学式の開始時間は学部ごとに異なり、計3回に分けて実施する。第1部は商学部・政治経済学部・情報コミュニケーション学部、第2部は理工学部・農学部・国際日本学部・総合数理学部・大学院、第3部は法学部・文学部・経営学部・専門職大学院の学生が対象となる。

安全な式典を実施するため、会場内の人数は最大5000人に制限する。家族の参加は認められない方針だが、当日はインターネットで式典を配信するため、WEB上で入学式の様子を見ることができる。

入学式当日は、会場入り口付近で検温を実施する。発熱がある場合、入場は認められない。館内では常時マスクを着用し密集は避けるなど、いくつかの注意事項があるため、詳細は明治大学のホームページで確認しておこう。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、式典は中止される場合がある。明治大学は、その際にはホームページで速やかに通知するとしている。

[関連リンク]

明治大学、2020年度入学者,2021年度入学者合同開催