QS学生都市ランキング2022、留学に最適な都市として東京が世界3位にランクイン

イギリスの大学評価機関であるクアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds)は、「QS学生都市ランキング2022」を発表した。それによると、留学に最適な都市として、東京が世界3位にランクインしている。

QS学生都市ランキング2022は、QS世界大学ランキングにランクインしている大学が2校以上あって人口25万人以上の都市を「ランキング」「学生の多様性」「魅力度」「就労機会」「留学費用の水準」「学生の見解」といった6の指標で評価してランク付けしたものだ。今回のランキングでは、164の都市が検討の対象になった。

本ランキングで1位に輝いたのはイギリスのロンドンだ。2位にはドイツのミュンヘン、3位には日本の東京と韓国のソウル、5位にはドイツのベルリンがランクインした。6位はオーストラリアのメルボルン、7位はスイスのチューリッヒ、8位はオーストラリアのシドニー、9位はアメリカのボストンとカナダのモントリオールだった。

東京は「魅力度」「就労機会」の2指標で満点のスコアを獲得した。しかし、「留学費用の水準」のスコアは51.6点で、他の都市と比べて高いとは言えない。なお東京以外の日本の都市は、京都・大阪・神戸が19位、名古屋が112位にランクインしている。

[関連リンク]

QS Best Student Cities Rankings 2022 _ Top Universities