公立大学に通う学生の年間生活費は平均約137万円――国立より4.1%、私立より28.8%割安

一般社団法人公立大学協会は2022年5月19日、「公立大学ファクトブック2021」を公表した。それによると、公立大学に通う学生の年間生活費は約137万円で、国立大学より4.1%、私立大学の学生より28.8%少なかったという。

公立大学ファクトブックは、公立大学の設置状況、財政、組織、学生、研究の状況を図表で紹介するもの。2010年以降の公立大学ファクトブックについては、同協会のWebサイトで閲覧できる。

今回公開された「公立大学ファクトブック2021」によると、2021年度の公立大学の数は、前年度から4校増の98校だった。そのうち、62校は都道府県立、29校は市立、4校は事務組合立等、4校は府県・市共同立だった。

2021年度の公立大学の志願者数は、前年度から848人減の17万1772人だった。一方、入学者数は前年度から895人増の4万863人だった。そのうち、志願者に占める域内者の割合は30.5%、入学者に占める域内者の割合は36.7%だった。

公立大学に通う学生の年間生活費は、自宅生が99万3000円、学寮生が132万1300円、下宿・アパート生が168万9000円となっており、平均で137万2900円だった。

国立大学に通う学生の年間生活費の平均が143万1800円、私立大学に通う学生の年間生活費平均が192万8600円であることと比べると、公立大学に通う学生の年間生活費の平均は、国立大学より4.1%、私立大学の学生より28.8%少なかった。

[関連リンク]

公立大学ファクトブック2021を掲載しました – 一般社団法人公立大学協会