2022年度の国公立大医学部の実質倍率を公開 最高は高知大学の7.0倍

SAPIX YOZEMI GROUPが運営する医学部を目指す受験生のための総合情報サイト「医学部研究室」が2022年6月15日、同年度の国公立大学医学部の入試結果まとめを公表した。実質倍率が最も高かったのは、高知大学の地域枠(前期日程)で7.0倍だった。

同サイトでは毎年、各大学医学部の前期日程・後期日程の結果について、受験者数や合格者数、実質倍率などを集計して公表している。

22年度の前期日程では、全国で1万1935人が医学部を受験。3741人が合格し、実質倍率は3.2倍だった。

大学別に見ると、実質倍率が最も高かったのは高知大学(地域枠)で、7.0倍。ついで、島根大学の6.1倍、筑波大学(地域枠全国)の6.0倍が続いた。このほか、岐阜大学(5.9倍)、広島大学(同)、愛媛大学(5.6倍)、奈良県立医科大学(5.3倍)となった。

後期日程の受験者は全国で1158人。合格者は423人で、実質倍率は2.7倍だった。

実質倍率は、山形大学の5.4倍が最も高く、ついで秋田大学(秋田県地域枠)の5.3倍、浜松医科大学(地域枠)の5.0倍となった。

同サイトでは23年度の医学部受験に向けて、入試の変更点なども随時掲載。今後、正式に募集要項が公表されれば、募集人員や入試科目、配点など選抜方法を一覧形式で掲載していく。

[関連リンク]

2022年度 国公立大学入試結果