感染・免疫学の研究力など、全87テーマで大学を総合評価したAERAムック『大学ランキング2021』発売

朝日新聞出版は2020年4月14日、AERAムック『大学ランキング2021』を発売した。

大学ランキングといえば、偏差値順のものを思い浮かべる人が多いだろう。しかし、当ランキングは「受験偏差値だけに頼らない大学評価」をコンセプトに編まれたもの。ランキングの項目は、就職、資格、入試、研究から、アナウンサー・読者モデルの出身校、ドラマ・映画のロケ地まで、全87テーマに及ぶ。

ちなみに、新型コロナウイルスの流行によって注目を集めている感染・免疫学など、分野別の研究力についても詳細なランキングを公表している。

以下、ランキングの一部を少しだけお見せしよう。

〈病理病態学、感染・免疫学の科研費採択件数〉
1位 大阪大学
2位 東京大学
3位 京都大学

〈免疫学の論文引用度指数〉
1位 横浜市立大学
2位 日本医科大学
3位 大阪大学/慶應義塾大学

〈外国人教員数〉
1位 早稲田大学
2位 立命館大学
3位 大阪大学

〈入学者の地元出身比率が低い(国立)〉
1位 筑波技術大学
2位 奈良女子大学
3位 京都大学

〈アナウンサーの出身〉
1位 早稲田大学
2位 慶應義塾大学
3位 上智大学

〈キャビンアテンダントの採用〉
1位 関西外国語大学
2位 青山学院大学
3位 関西学院大学

なお、本誌の巻末には全784大学の学部別就職先データも掲載されている。大学選びに悩んでいる人は、ぜひ手に取ってみてほしい。

[関連リンク]

プレスリリース