慶應義塾大学、SFC生・教職員と取り組むワークショップ「未来構想キャンプ」を11月に開催

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)は、2021年11月14日に高校1・2年生を対象とした「未来構想キャンプ」をオンラインで開催する。

未来構想キャンプは、SFCに在籍する学生と教職員と共にワークショップに取り組み、未来につながる「実行力」について体験的に考えるためのイベントだ。今年は、以下の6つのワークショップが開催される。

「言語教育デザインワークショップ ~オンラインで言語を学ぶ–その限界と可能性~」

「地域の未来創造ワークショップ ~実践を生み出す場をデザインする~」

「環境デザインワークショップ ~大学のキャンパスを想像/創造する~」

「健康科学ワークショップ ~SFC健康科学を意識したオンライン体育授業~」

「『サボり』ワークショップ2 ~これからの『サボる』をデザインする~」

「外交政策シミュレーションワークショップ ~政策決定を通じて国際関係の対立と協調を理解する~」

定員は各ワークショップにつき20人程度。応募の受け付けは10月初旬に未来構想キャンプのWebページで開始される。参加者の選考は先着順ではなく、課題提出によって行われる。

なおSFC創設30年記念Webサイトで現在、2011年〜2020年までの未来構想キャンプのアーカイブが公開されている。

[関連リンク]

未来構想キャンプ _ 慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC)