オンライン授業でも対面授業と同等の学習成果に――米コーネル大調べ

米コーネル大学をはじめとする国際研究チームは、学生はオンライン授業でも、従来型の対面授業と同等の成績を収められることを明らかにした。この種の研究は初めてだという。

研究チームはオンライン授業が学習効果に与える影響を調べるため、2017~18年度にかけて、ロシアの大学に在籍する325人の学生を対象に調査を実施した。学生たちはランダムに3つのグループに分けられ、「オンライン授業のみ」「従来通りの対面授業」「オンラインと対面の混合授業」のいずれかを受講した。なお、オンライン授業には、ロシアの非営利組織が開発した「OpenEdu」を利用している。

期末テストの成績を比較したところ、3グループの結果にあまり差がないことが分かった。学期中に出された課題の成績は、「オンライン授業のみ」の学生の方が7.2%高い結果を示していた。これについては、オンライン授業の場合、課題に何回かトライできるルールだったことも影響したかもしれないと分析している。

同時に実施した「授業に対する満足度」調査では、「オンライン授業のみ」の学生で満足度がやや低いという結果にはなった。しかし、「満足度が低いからといって、オンライン授業の効果が低いということではない。学習成果は同等だ」と、研究チームは話している。

[関連リンク]

STEM students learn as well online as in classrooms