安い料金で塾・予備校へ通うためには――料金比較から選び方のポイントまで徹底解説

大学合格を目指す受験生の中には、「予備校や塾に通うことで、少しでも合格する確率を上げておきたい」と願う人が多いのではないでしょうか。

ただ、予備校や塾に通うには当然費用がかかるため、ご家庭の経済事情によっては、入学金や授業料金の安さを重視せざるを得ないこともあります。

しかし、「料金が安い」という理由だけで予備校や塾を選ぶのは、あまりおすすめできません。なぜなら、どの予備校や塾で学ぶかによって、志望大学の合格率が変わってくるからです。将来的には、就職できる企業や年収などにまで影響してくるかもしれません。

この記事では、予備校と塾の違いや大手予備校の料金を比較するだけでなく、安い料金で合格実績のしっかりした予備校・塾へ通える方法も解説していきます。

予備校と塾はどちらが安い? 平均的な料金と特徴を比較

予備校や塾は「学校以外の学習の場として利用できる」という点では同じ役割を果たしてくれますが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、予備校と塾を比較し、それぞれの平均料金や特徴についてご紹介します。

予備校と塾の平均料金

まず、予備校と塾では、入学金や授業料金などの平均費用が大きく異なります。

予備校の料金は平均で約70万円と言われています。一方、塾の平均料金は約20万円(高校3年生、私立の場合)と言われていて、予備校の平均料金とは大きな差が生じています。予備校や塾を料金の安さだけで選ぶなら、塾に軍配が上がるといえるでしょう。

予備校と塾の特徴・違い

予備校の特徴としては、志望校のレベル別に綿密なカリキュラムが組まれている点が挙げられます。予備校の授業は大学受験に特化しているため、授業内容やレベルに地域差がほとんど生じません。また、予備校に通うのはより上位の大学進学を目指す現役生や浪人生が中心です。

一方、塾の役割は、学校で受ける授業の補習に近いと言えるでしょう。そのため、塾によっては授業内容やレベルに差が生じます。また、予備校とは違い、小学生から高校生まであらゆる年代の学生が対象です。

もちろん塾から志望大学合格を目指すことも可能ですが、受験勉強のノウハウや情報量、実績の面では、大学受験に特化した予備校の方が優れています。志望する大学のレベルが上がるほど、塾の学習だけでは不十分になるでしょう。

大手予備校の料金比較【東進ハイスクール・河合塾・駿台予備校】

予備校にはさまざまな種類がありますが、特に有名なのは東進ハイスクール・河合塾・駿台予備校の3校です。在籍者や合格実績の多さから、「3大予備校」と呼ばれることもあります。

3大予備校以外にもさまざまな予備校がありますが、校舎のあるエリアが限られていたり、授業の質や合格実績などの面で玉石混交だったりもしますので、この記事では3大予備校の入学金や年間料金などに絞って比較し、どの程度の料金差があるのかご紹介したいと思います。

受講するコースや数によって料金は大きく異なるため、今回は受験生の一般的なコースを想定して比較していきましょう。

東進ハイスクールの料金

東進ハイスクールの料金は、下記の表のようになります。

入学金 通期講座受講料(単科) 担任指導費 年間料金の目安
3万3000円7万7000円3万3000円
(高3生が単科4講座以上を申し込む場合、7万7000円)
70万円以上

入学金・通期講座受講料・担任指導費は消費税を含む金額です。

▶︎参考:東進ハイスクール|学費・申込手続

上記の他に、東進ハイスクールでは入学時に定額の模試費として2万6400円がかかります。

年間にかかる料金として70万円以上は見ておきましょう。

また、単科の通期講座以外にも、東新ハイスクール指定の講座がひとつに固まった志望校通期ユニットもあります。

志望校通期ユニットは5講座から11講座まであり、ユニット料金は5講座で45万3200円、11講座で83万9300円です。なお、ユニット料金には担任指導費や模試費を含みます。

河合塾の料金

河合塾の料金は、下記の表のようになります。

なお、入塾金・塾生サポート料には消費税を含みます。

入塾金授業料(1講座)塾生サポート料年間料金
3万3000円10~15万円前後1カ月5500円100万円前後

▶︎参考:河合塾|学費

河合塾では、インターネットから入塾の申し込みをした場合、入塾金が1万6500円と半額になります。また、小学・中学グリーンコース生など、特定の対象に当てはまる場合は全額免除されます。

河合塾で年間にかかる料金は100万円前後になるでしょう。

駿台予備校の料金

駿台予備校の料金は、下記の表のようになります。

なお、入学金には消費税を含みます。

入学金授業料(1講座)年間料金
3万円20万円前後100万円前後

▶︎参考:駿台予備校|入学要項(PDF)

駿台予備校では、入学説明会や体験入学、駿台模試などに参加すると入学金が1万5000円と半額になります。また、兄弟姉妹など、家族が駿台予備校に通っている場合も半額免除されます。これらは併用できるため、最大で3万円の免除(入学金全額免除)が可能です。

駿台予備校で年間にかかる料金は100万円前後になるでしょう。

安い料金で大丈夫? 実績や成果を重視するなら大手予備校がおすすめ

大手予備校で年間にかかる料金にはさほど大きな差はありませんが、この中では東進ハイスクールが比較的安い料金で受講できます。

大手予備校に通うとなると、塾よりも料金はかかりますが、大手予備校には大学受験における膨大な情報やノウハウ、実績があります。そのため、大学受験の実績や成果を重視するなら、大手予備校を選ぶのがおすすめです。

学費は分割払いや月払いも可能

3大予備校では、学費の一括払いの他に分割払いや月払いも採用しています。

◇東進ハイスクール

学費の分割払い可能。

各校舎窓口に申し出れば、指定のローンを紹介してもらえます。

◇河合塾

学費の月払い可能。支払い総額は一括払いと同じです。

ただし、セレクト講座は一括払いのみとなっているため、ご注意ください。

◇駿台予備校

学費の分割払い可能。支払い総額は一括払いと同じです。

入学金免除制度を取り入れている大手予備校も

河合塾では、インターネットからの申し込みで入学金を半額免除。小学・中学グリーンコース生などの対象に当てはまる場合は全額免除となります。

また、駿台予備校でも入学説明会や体験入学の参加で入学金が半額免除されます。兄弟姉妹が駿台予備校に通っている場合に適用される家族割引と併用可能なため、入学金が全額免除になる場合もあります。

入学後、成績優秀者には授業料金が優遇されることも

大手予備校には、成績優秀者を対象に授業料金を優遇する制度、いわゆる「特待生」の制度があることが多いです。

例えば、河合塾には「スカラシップ制度(奨学金授与制度)」があります。「入塾後の成績が優秀であり、かつ授業への出席などの面で他の塾生の模範となるような塾生」には、奨学金を授与する形で授業料の負担を軽減してくれるのです。

学力に自信があるのなら、検討している予備校に、特待生制度について聞いてみるのもいいかもしれません。

一流講師による授業が受けられる無料体験を実施中

大手予備校では、大学受験に詳しい一流講師による講義の無料体験が開催されています。授業内容や予備校の雰囲気を知るには、各予備校が開催する無料体験に参加するのがおすすめです。

一例として東進ハイスクールでは、希望する校舎で授業が受けられる1日無料体験を実施しています。1コマ90分を2種類まで受講できるのに加えて、部活と勉強の両立や大学受験の仕組みなど、受験生の気になる疑問や悩みにも個別に相談に乗ってくれます。

予備校の無料体験は、受験勉強の学習スタイルや校舎の雰囲気を理解できる絶好の機会です。予備校選びの決め手となるため、積極的に参加しましょう。

まとめ

予備校と塾を比較すると、料金の違いに驚く方も多いかもしれません。しかし、予備校や塾を選ぶ際は安い料金だけにこだわらず、実績や成果を重視するのがおすすめです。大学合格を目指す受験生にとって、講師陣がいかに受験に詳しいか、受験指導のノウハウを持っているかは非常に重要なポイントになります。

予備校や塾を実績・成果で比較してみて、それでも迷う場合には、無料体験に参加するのがおすすめです。授業内容や校舎の雰囲気を体感し、受験勉強に最適な環境を選びましょう。

経済的にどうしても予備校や塾を利用できず、比較的安い料金で利用できるオンライン予備校やインターネット塾、通信教育などを利用することになる方もいらっしゃると思います。そうした方には、こちらの記事でオンライン予備校などを比較・分析していますので、参考にしてみてください。