慶應義塾大学と東京歯科大学が合併へ――医療系4学部を擁する総合大学に

慶應義塾大学は2020年11月26日、東京歯科大学と合併の協議を始めると明らかにした。2023年4月をめどに、慶應義塾大学への歯学部の設置を実現させるという。

東京歯科大学は、創立130年に及ぶ日本最古の歯科大学だが、幅広い教養を身に付けた良識ある歯科医師の養成を目指し、リベラルアーツ教育も重視してきた。そこで、今回、人材育成のさらなる高みを目指し、慶應義塾大学へ歯学部の統合と法人の合併を申し入れることにした。

合併が実現すれば、慶應義塾大学は総合大学として初めて、医学部、看護医療学部、薬学部、歯学部の医療系4学部を擁する大学となる。その結果、医歯連携や医理工連携の強化・発展のほか、慶應義塾大学が持つ最先端テクノロジーの歯学への応用が可能になり、総合大学としての研究力・教育力の向上が期待できる。

慶應義塾大学と東京歯科大学は今後、双方の歴史と現状を尊重し、今回の統合により双方に不利益が生じないよう、合併の協議を進めるとしている。

[関連リンク]

東京歯科大学の歯学部の慶應義塾大学への統合および法人の合併について協議開始