大学入学共通テスト、マスク着用を義務付け――フェイスシールドやマウスシールドは不可

大学入試センターは2020年11月20日、2021年度(令和3年度)大学入学共通テストに関する「受験上の注意」を公表した。それによると、新型コロナウイルス感染予防対策として、試験場内ではマスク着用を義務付け、フェイスシールドやマウスシールドの着用のみでは受験を認めないという。

受験上の注意では、2021年度の大学入学共通テストを受験する際に注意すべき事項を明記。新型コロナウイルス感染予防対策として、試験当日はマスク着用を義務付けるとした。感覚過敏などによりマスクの着用が困難な場合は、事前に医師の診断書を提出し、別室での受験を申請できる。

他にも、試験会場内に設置されたアルコール製剤で小まめに手指を消毒することや、休憩時間や昼食時などに他の受験者との会話、交流、接触を控えるよう呼びかけている。また、発熱や咳などの症状がある場合は、追試験の受験を申請するよう求めている。

受験上の注意には、感染予防対策だけでなく、試験日当日の所持品や解答上の注意事項などが記載されているので、試験前には必ず目を通しておこう。

[関連リンク]

【大学入学共通テスト2021】コロナ対策でマスク着用を義務付け