東京大学、第1段階選抜の合格者を発表――文科二類以外の全科類で選抜を実施

東京大学は2021年2月16日、一般選抜(前期日程)第1段階選抜の合格者を発表した。受験番号や合格者数のほか、 科類別の最高点や最低点などを公表している。

第1段階選抜は、募集人数に対して志願者数が一定数を超過した際、大学入学共通テストの成績によって第2次学力試験を受けられる学生を選抜する制度だ。第1段階選抜で不合格となった場合、その時点でその日程の試験は不合格となる。今年度は、文科二類以外の五つの科類で第1段階選抜が実施された。

東京大学によると、文科一類の合格者数は1203人で、最高点は894点、最低点は562点、平均点は743.23点。文科三類の合格者数は1407人で、最高点871点、最低点600点、平均点770.24点だった。

理科一類の合格者数は2771人で、最高点は882点、最低点は699点、平均点は789.12点。理科二類の合格者数は1862人で、最高点は879点、最低点は629点、平均点は764.47点。理科三類の合格者数は342人で、最高点は886点、最低点は534点、平均点は757.92点となった。

加えて、第1段階選抜を実施していない文科二類の合格者数は1013人で、最高点881点、最低点203点、平均点746.18点だった。

[関連リンク]

東大、第1段階選抜の合格発表