2021年度「関心をもった大学」在住エリア別ランキング――早稲田、名城、岡山大が6年連続1位に

フロムページは2021年4月22日、全国約4万人の受験生を対象に実施した「テレメール全国一斉進学調査」の結果をもとに、受験生が「関心をもった大学」の在住エリア別ランキングを発表した。それによると、早稲田大学、名城大学、岡山大学が6年連続でエリア別1位に輝いたという。

同調査の結果によると、北海道・東北在住の受験生が最も高い関心を寄せた大学は、前年と同様、北海道大学だった。次いで、東北大学、山形大学、東北学院大学、弘前大学が続いた。

関東在住の受験生が最も高い関心を寄せた大学は、前年と同様、早稲田大学だった。以下、明治大学、立教大学、法政大学、慶應義塾大学が続いた。

中部在住の受験生が最も高い関心を寄せた大学は、前年と同様、名城大学だった。次いで、南山大学、立命館大学、名古屋大学、中京大学が続いた。

近畿在住の受験生が最も高い関心を寄せた大学は、前年2位の近畿大学だった。以下、関西大学、立命館大学、同志社大学、関西学院大学が続いた。

中国・四国在住の受験生が最も高い関心を寄せた大学は、前年と同様、岡山大学だった。次いで、広島大学、安田女子大学、香川大学、愛媛大学が続いた。

九州・沖縄在住の受験生が最も高い関心を寄せた大学は、前年と同様、福岡大学だった。以下、九州大学、熊本大学、鹿児島大学、西南学院大学が続いた。

[関連リンク]

全国の受験生約4万人が「関心を持った大学」 早稲田大学、名城大学、岡山大学が6年連続でエリア別1位 近畿エリアでは近畿大学が1位に 「第9回(2021年度) テレメール全国一斉進学調査」在住エリア別集計