同志社大学、第8回高校生「志」コンテストを開催――自分自身の志を表現した作品を募集中

同志社大学は、創設者の新島襄とその妻八重の熱い「志」に共感する高校生を対象として、自分自身の「志」を表現した作品を募集する第8回「高校生『志』コンテスト」を開催している。応募の締め切りは2021年5月31日となっている。

応募テーマは、「新島襄と私の『志』」と「新島八重と私の『志』」のいずれか。応募シートと指定のA4版400字詰め横書き応募用紙3枚程度の作品を郵送かメールで送付することで応募できる。応募シートと指定応募用紙は、同大学のWebサイトからダウンロードできる。

今回のコンテストでは、新島賞1点、八重賞1点、読売新聞社賞1点、優秀賞2点が選ばれる。新島賞は図書カード5万円分、八重賞は図書カード3万円分、読売新聞賞は図書カード2万円分、優秀賞は図書カード1万円分が贈呈される。いずれの賞を受賞しても、今出川キャンパスと京田辺キャンパスの見学を含めた1泊2日の同志社大学キャンパス体験ツアーの招待を受けられる。

受賞発表は2021年6月下旬。同大学のホームページに賞の名称、氏名、学校名、受賞時点の学年、作品が掲載される。授賞式は2021年8月に「同志社大学オープンキャンパス2021(今出川校地)」と同日程で開催される予定だという。

[関連リンク]

高校生「志」コンテスト|大学紹介|同志社大学