複数機関の各種奨学金を1サイトで検索できる「奨学金検索システムCanpass」――β版公開

複数機関の各種奨学金を調べられる「奨学金検索システムCanpass」のβ版が2021年5月18日に公開された。開発したのは民間非営利団体のあしなが育英会で、同団体は親が病気や災害などで死亡した、あるいは親が著しい障がいを負っている家庭の子供に奨学金を提供している。

あしなが育英会によると、国内には5000件以上の奨学金制度が存在しているが、支援が必要な子供たちに適切な情報が十分に届いていない現状がある。経済的な理由で大学などへの進学を諦め、就職を選ぶ高校生は、同団体から奨学金を得て高校に通っている学生全体の20%に及んでいるという。

そのような背景から開発したのが奨学金検索システムCanpassだ。奨学金制度の調べ方や選び方が分からない高校生に支援の手を差し伸べ、「どんな環境でも高校生が進学できる(Can)と思える奨学金(Pass)と出会える機会を増やしたい」との思いが、同システムには込められている。

奨学金検索システムCanpassでは、インターネット上に公開されている情報や、協力団体から提供された情報でデータベースを構築している。そのため、利用者は複数のサイトを横断せずに、さまざまな団体・機関が提供する奨学金制度を調べることができる。

あしなが育英会は、「子供たちが使いやすいこと、多くの奨学金制度が子供たちの進学を応援していること、そして何よりも『進学できる』と希望を持てることを実現できるよう、さらなる開発を続けて行く」と今後の抱負を述べている。

[関連リンク]

自分に合った奨学金選びを!奨学金検索システムCanpass(β版)を公開|あしなが育英会