東進志作文コンクール、2021年度の優秀者30人が決定――最優秀作品3点も全文公開

ナガセが運営する東進ハイスクール・東進衛生予備校は2021年6月29日、2021年度東進志作文コンクールの優秀者30人を決定したと発表した。

東進ハイスクール・東進衛生予備校は、「高校生諸君に未来を明るくたくましく生きてほしい、そして自分自身がこれからどう生きていきたいかを考え、その思いを具体化して確固たるものにしてもらいたい」という思いから、日本全国の高校1・2年生の東進生を対象に東進志作文コンクールを実施している。

2021年度東進志作文コンクールでは、事前提出の課題文による1次審査で50人を選抜。その後、オンラインでの課題文提出とグループディスカッションによる2次審査により、優秀者30人を決定した。

優秀者の氏名・高校・学年は、東進志作文コンクールウェブサイトで公開中だ。特に優秀だった3点の志作文も全文掲載している。なお褒賞品として、優秀者には「Surface Pro7」、1次審査のみを突破した者には「iPad mini(第5世代)」が贈呈される。

[関連リンク]

全国の高校生が、将来どのように生きるかを考え、高い志を抱く 志作文コンクール 優秀者発表 最優秀賞を含む志作文BEST3を全文掲載しています。