難関大志望なら高1~2の夏から塾・予備校へ――通学率で約2倍の開きがあった

サマリー

  • 難関大合格者の高1~高2夏休み、塾・予備校の通学率は約2倍
  • 難関大合格者は高1で1時間半、高2で2時間、高3で4時間半弱の勉強時間
  • 高1~高2の夏休みは勉強だけじゃない。難関大学合格者は、部活も学校行事も軽んじない

調査概要

夏休みが近付いてきました。大学受験を控える高校生のみなさんは、この夏休みをどのように過ごす予定でしょうか。

大学受験に関する格言の中に、「夏を制する者が受験​を制する」という言葉があります。本当に夏休みの過ごし方は、大学受験の成否に影響を与えるものなのでしょうか。

塾・予備校比較ナビでは、難関大学※に合格した先輩たちが夏休みにどうやって、どのくらい勉強したのかを調査。アンケート結果を比較・分析することで、難関大学に合格するために、この夏休みをどう過ごすべきなのか、考えてみました。

※この場合の「難関校」とは、旧帝大、早慶上智、MARCH、関関同立か、それらと入試難度が同等の大学群を指します。

調査結果

難関大合格者の高1~高2夏休み、塾・予備校の通学率は約2倍

19~22歳の大学生1572人を対象に、「在学中の大学は、『難関校』と言われる大学である」か、尋ねてみました。

「当てはまる」と回答した大学生(以下、難関大学合格者)は23.5%でした。本レポートではこの後、「当てはまる」回答者と「当てはまらない」回答者の回答を比較していきます。

Q1.在学中の大学は、「難関校」と言われる大学ですか?(n=1,572)

難関大学合格者かどうかで、夏休みの勉強方法に違いはあるのでしょうか。高1、高2、高3の夏休みに、それぞれどんな手段で勉強したかを聞いたところ、次のような結果になりました。

Q2.あなたは高校1年、高校2年、高校3年の夏休み、それぞれどんな手段で勉強しましたか。(n=369/892)

高校1年の夏休み、どんな手段で勉強したか(複数回答可)

高1の夏休みを見ると、難関大学合格者かどうかで最も差がついたのは「市販の参考書・問題集」の利用率。難関大学合格者が22.0%だったのに対して、そうでないグループでは11.3%と10.6%ポイントの差がありました。次いで、「塾・予備校」で8.9%ポイントの差が開いていました。

高校2年の夏休み、どんな手段で勉強したか(複数回答可)

それが高2の夏休みでは、「塾・予備校」の利用率で最も差が開き、難関大学合格者が30.1%に対して、そうでないグループは15.8%と14.3%ポイントの差。高1の夏休み同様、塾・予備校への通学率は、約2倍の差となっていました。

高校3年の夏休み、どんな手段で勉強したか(複数回答可)

高3の夏休みになると、難関大学合格者の「塾・予備校」通学率が48.0%に。そうでないグループとは19.5%ポイントの差が付き、こちらも通学率が1.7倍ほども高いことが明らかになりました。

さらに「塾・予備校」の中でも夏期講習に通っていたかどうかを調べてみました。

高校1~3年の夏休み、どんな手段で勉強したか(複数回答可)
「夏期講習-新規」( 初めての塾・予備校に通った)
「夏期講習-継続」(もともと通っていた塾・予備校に通った)
と答えた割合を難関大学合格者かどうかで比較

高1の夏休みに初めて塾・予備校に通い、夏期講習に参加した割合は、難関大学合格者で11.4%、そうでないグループで3.9%。高2の夏休みでは難関大学合格者で15.7%、そうでないグループで7.0%。高3の夏休みでは難関大学合格者で26.3%、そうでないグループで14.1%でした。

もともと通っていた塾・予備校の夏期講習に参加した割合は、難関大学合格者は高1の夏休みで8.1%、高2の夏休みで10.8%、高3の夏休みで18.2%となっていました。

難関大合格者は高1で1時間半、高2で2時間、高3で4時間半弱の勉強時間

前問から、難関大学合格者が夏休みの勉強方法として、「高校の宿題・教材」だけでなく「塾・予備校」や「市販の参考書・問題集」も活用していることが分かりました。そうした勉強方法も採り入れることで、勉強時間にどのくらいの差が付いているのでしょうか。

難関大学合格者かどうかでそれぞれ集計したところ、次のグラフのような結果となりました。

Q3.あなたは高校1年、高校2年、高校3年の夏休み、それぞれ毎日どのくらいの時間、勉強しましたか。(n=369/892)

高校1年の夏休みの勉強時間
高校2年の夏休みの勉強時間
高校3年の夏休みの勉強時間

難関大学合格者は、受験直前の高3の夏休みはもちろん、高1~高2の夏休みも「ほぼ勉強していない」の割合は比較的低く、コンスタントに勉強する習慣が身についていると考えられます。

以上のデータを基に、夏休み中の毎日の勉強時間が平均で何時間くらいか、平均値を算出してみたのが次のグラフです。

高校1~3年の夏休みの勉強時間の平均値
(難関大学合格者かどうかで比較)

難関大学合格者は、そうでないグループと比べて、夏休み中も毎日おおむね1.5倍ほど勉強時間が長くなっていました。高校3年の夏休みには毎日4.4時間ほど勉強しているようです。

高1~高2の夏休みは勉強だけじゃない。難関大学合格者は、部活も学校行事も軽んじない

最後に、これから夏休みを迎える後輩の高校生たちに向けて、高1、高2、高3の夏休み、それぞれどんな活動をがんばるべきか、アドバイスを求めてみました。

難関大学の合格者は、高1~高2の夏休みから受験勉強漬けになっているわけではなく、「部活動」や「学校行事/学級活動」、「アルバイト」などにも力を入れて取り組んでいることが分かります。

Q4.あなたは高校1年、高校2年、高校3年の夏休み、それぞれどんな活動をがんばった方がいいと思いますか。(n=369/892)

高校1年の夏休み、がんばった方がいいと思う活動
高校2年の夏休み、がんばった方がいいと思う活動
高校3年の夏休み、がんばった方がいいと思う活動

調査手法

  • 調査期間:2021年6月22日~27日
  • 調査対象:19~22歳の大学生 1572人
  • 調査方法:インターネット調査

まとめ

「夏を制する者が受験​を制する」という格言どおりと言うべきか、難関大学合格者はそうでないグループと比べて、夏休みに「塾・予備校」や「市販の参考書・問題集」も活用し、1.5倍ほど長い時間、勉強していることが今回の調査から分かりました。

ただ、より詳しく見てみると、難関大学合格者とそうでないグループでは、高3だけでなく高1~2の夏休みから両者に差が生じているように感じられます。「”高1~2”の夏も軽視しない者が受験​を制する」と言った方がより正確なのかもしれません。