東京都、東京都国公立高等学校等奨学のための給付金事業の2022年度申請受付を7月に開始予定

東京都は2022年4月22日、東京都国公立高等学校等奨学のための給付金事業の2022年度申請の受付を、7月に開始する予定であることを発表した。

同給付金事業は、教科用図書購入費や学用品費、修学旅行費、校外活動などの参加費、補助教材費、入学学用品など、授業料以外の教育に必要な経費を支給するもの。

基準日現在、「高等学校等就学支援金、学び直し支援金または専攻科支援金の受給資格を有する高校生がいること」「災害などに起因する家計急変による経済的理由から、保護者全員の都道府県民税所得割および区市町村民税所得割が非課税の世帯に相当すると認められる世帯であること」「保護者が東京都内に住所を有していること」といった、3つの要件をすべて満たしている保護者が支給対象となる。

基準日は、7月1日までに家計が急変した世帯では7月1日、7月2日以降に家計が急変した世帯では、家計が急変した月の翌月の1日となる。ただし、家計が急変した日が月の初日の場合は、当月の1日となる。

支給される金額は、基準日および認定された世帯区分、世帯構成、扶養人数などに応じて決定される。基準日が2022年7月1日、全日制・定時制課程に通う非課税世帯の第1子には11万4100円、非課税世帯の第2子には14万3700円、通信課程・専攻科に通う生徒には5万500円が支給される。

申請には、「東京都国公立高等学校等奨学のための給付金(家計急変)受給申請書」をはじめ、指定の書類の提出が必要。提出書類および提出先は、都立の高等学校へ通っている高校生のいる世帯と、都立以外の国公立高等学校などへ通っている高校生のいる世帯とで異なる。

提出期限は、7月1日までに家計が急変した世帯では9月15日、7月2日以降に家計が急変した世帯では2023年1月31日となっている。

[関連リンク]

東京都国公立高等学校等奨学のための給付金事業<家計急変世帯>|東京都教育委員会ホームページ