私立大24校の医学部、2023年度からの入学定員増加を申請――岩手医科大や順天堂大など

文部科学省は2022年10月17日、「令和5年度からの私立大学医学部の収容定員の増加に係る学則変更認可申請一覧」を公表した。それによると、岩手医科大学や順天堂大学などの24校が、2023年度からの医学部の入学定員増加を申請しているという。

これまで医学部の入学定員は、1982年および1997年の閣議決定により、7625人まで抑制されていた。その後、医師確保対策のために2008年度には7793人、2009年度には8486人に増員。2010年度以降は、地域の医師確保などの観点から最大9420人まで増員された。

2023年度は、9420人を超えない範囲で、その必要性を慎重に精査しつつ、暫定的に現状の医学部定員をおおむね維持するという。

2023年度からの医学部の入学定員増加を申請した私立大学は、2022年10月時点で岩手医科大学、自治医科大学、獨協医科大学、埼玉医科大学、杏林大学、順天堂大学、昭和大学、帝京大学、東京医科大学、東邦大学、日本大学、日本医科大学、北里大学、聖マリアンナ医科大学、東海大学、金沢医科大学、愛知医科大学、藤田医科大学、大阪医科薬科大学、関西医科大学、近畿大学、兵庫医科大学、川崎医科大学、久留米大学の24校。

入学定員増数が最も多い大学は岩手医科大学と順天堂大学で、それぞれ35人の増員が見込まれる。

[関連リンク]

令和5年度からの私立大学医学部の収容定員の増加に係る学則変更認可申請一覧:文部科学省

[関連記事]