東大推薦入試、各高校の推薦可能人数が2人から4人へ拡大

東京大学は2020年3月10日、令和3年度(2021年度)入学者を選抜する学校推薦型選抜(推薦入試)を見直し、各高校が推薦できる人数を「2人まで」から「4人まで」へと拡大すると発表した。

これまで各高校の学校長が推薦できた人数は、男女各1人以内、2人まで。それが男女各3人以内、合計4人まで推薦できるようになる。同一学部、医学部については同一学科への推薦は、男女各1人までだ。

東大は平成28年度(2016年度)入学者選抜から推薦入試を導入。全国各地の高校から意欲的な学生が入学するようになり、学部教育の活性化において重要な役割を果たしているという。

そこで東大は、2020年度入学者を選抜する推薦入試で5年目を迎えたのを機に、改善を図るため、高校・推薦入学生・指導教員を対象にアンケート調査を実施。受験生の多様性を高めて学部教育の多様化・活性化を図るため、調査結果を踏まえて、推薦可能な人数の変更に踏み切ったと説明している。

[関連リンク]

令和3年度東京大学入学者選抜(学校推薦型選抜)に関する予告について