中央大学法学部、2023年4月に新設の茗荷谷キャンパスへ移転

中央大学は2021年10月12日、東京都八王子市にある多摩キャンパスから東京都文京区に新設される茗荷谷キャンパスへ、法学部全学年と大学院法学研究科を2023年4月に移転することを発表した。

法学部の都心展開は、創立130周年に当たる2015年に策定した中長期事業計画「Chuo Vision 2025」に基づくものだ。2023年にロースクールも東京都新宿区の市ヶ谷キャンパスから東京都千代田区の駿河台キャンパスに移転する予定で、これとの一体的な運用を可能にする。法学部3年間とロースクール2年間、合計5年の一貫教育による新たな法曹養成制度のもと、法曹教育のさらなる充実を図る。

具体的には、法曹・企業・公務で活躍する実務家教員による授業をこれまで以上に充実させる。また、実務経験を積むインターンシップなどを通して学びの機会を拡充する。さらに、理工学部や国際情報学部との連携を強化し、文理融合による共同科目を開講する。加えて、日本比較法研究所、大学院理工学・法務研究科、研究開発機構などと新たに研究上協力する。

茗荷谷キャンパスの外観は、中央大学の前身である英吉利法律学校の赤レンガ造り校舎をモチーフとしつつ、低層階に旧駿河台校舎と同じ尖頭型アーチを取り入れたものになる。教室は遠隔授業やハイブリッド型授業に対応するほか、図書館や食堂にイギリスのミドルテンプルをモチーフとしたインテリアを採用する予定だ。大学施設のほか、文京区の地域活動センターや保育所などが併設されるという。

[関連リンク]

中央大学法学部1~4年生が2023年4月から茗荷谷キャンパス(文京区)に移転 ―新キャンパスで始まる新時代の法曹養成― _ 中央大学