2021年版「EF EPI英語能力指数」、日本は112カ国・地域中78位――昨年55位から大幅下落

EF Education First(EF)は2021年11月16日、2021年版「EF EPI英語能力指数」を発表した。それによると、日本は112カ国・地域中78位となり、調査開始以来、初めて下位3分の1のグループに位置する結果になったという。

EF EPI英語能力指数は、英語試験ビッグデータを活用した世界最大の英語能力ランキングだ。指数の基盤となるのは、EFがオンラインで無料公開している英語力測定テスト「EF SET」(エフセット)の前年の受験データで、非英語圏の国・地域における英語能力を経年的に計測・追跡するベンチマークとして、2011年から毎年秋に公開されている。

2021年は、世界112カ国・地域から約220万人が参加。その結果、ランキング1位に輝いたのは、昨年に続きオランダだった。続いて、2位にオーストリア、3位にデンマーク、4位にシンガポール、5位にノルウェーがランクインした。

日本は昨年の55位から大きく順位を下げ、78位となった。参加国が増加したことで、相対的に日本の順位が下落する傾向が顕著になっている。

[関連リンク]

EF_第2021版 世界最大の英語能力指数 ランキング