国際基督教大学と慶應義塾大学、連携・協力に関し包括協定を締結――単位互換制度も開始へ

国際基督教大学教養学部、大学院アーツ・サイエンス研究科と、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の総合政策学部、環境情報学部、大学院政策・メディア研究科が、それぞれの特色・教育研究資源を活かして相互に連携・協力し、有為な人材の育成と教育の充実を目的とする包括協定を2021年11月17日に締結した。単位互換制度も開始する予定だという。

国際基督教大学は、2021年度〜2025年度までの中期計画「リベラルアーツの社会実装へ向けて」にて、今後のデジタル社会で活躍するために不可欠となるデータ思考の養成を掲げ、数理・データサイエンス・AIの基礎知識の習得を目的とするカリキュラムの構築に取り組んできた。

一方で慶應義塾大学SFCは、「実践知」や「想像する力」を養うために問題発見・問題解決を重視し、テクノロジー、サイエンス、デザイン、ポリシーを連関させながら、学問分野を横断した学びにより、変化に対応できる力を持った学生の育成に力を入れてきた。

こうした中、両大学学部・研究科の学術交流の検討を契機に包括協定を締結し、「留学生を含む学生および教職員の相互交流に関すること」「教育・研究に関する学術交流と情報交換に関すること」「グローバル化の推進に関すること」などについて連携・協定を行う運びとなった。

2022年度からは、両大学学部間での単位互換制度を開始。国際基督教大学は北野宏明オスマー記念科学教授による「N2:グローバル・エコシステムと生物学的多様性の視点から見たサステイナビリティー」、慶應義塾大学SFCは安宅和人教授による「データ・ボリブン社会の創発と戦略」を単位互換科目として開講し、その後順次拡大を検討するとしている。

[関連リンク]

国際基督教大学と慶應義塾大学の連携および協力に関する包括協定締結について:[慶應義塾]