同志社大学、2022年度より「同志社データサイエンス・AI教育プログラム(DDASH)」開始

同志社大学は2021年12月6日、社会の要請に応えるべく大学全体で数理・データサイエンス・AI教育を推進していくこととし、それに伴って2022年度から「同志社データサイエンス・AI教育プログラム(DDASH)」を開始すると発表した。

同志社データサイエンス・AI教育プログラムは、数理・データサイエンス・AI分野の人材育成を目的とした教育プログラムだ。DDASHは「Doshisha Approved Program for Data Science and AI Smart Higher Education」の略称で、同大学では3つのレベルに分けてプログラムを実施する。

具体的には、全学部の学生を対象としたリテラシーレベルのDDASH-L(2022年度開始)、より高度な内容を含む応用基礎レベルのDDASH-A(2023年度開始予定)、それらを包含するDDASH副専攻(2023年度開始予定)の3レベル。DDASH-Lは、文部科学省の数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)に準拠しており、DDASH-Aは同(応用基礎レベル)に準拠する予定だ。

中でもDDASH-Lは、同志社大学が2005年度から実施してきた全学共通教養教育科目「データサイエンス1・2」や、文化情報学部を中心としたデータサイエンス教育など、これまでの実績を踏まえた全学レベルの教育プログラムであり、文理問わず全ての学生が履修できる。

またDDASH-Lは、複数学部が協同し教材を作成するだけでなく、全ての学部から教員が参加するワーキング・グループでプログラムの点検・検討を重ねている。プログラムの必修科目はフルオンデマンドで開講し、さまざまな分野の外部講師の招請も予定している。

DDASHは大学院レベルでの展開も予定しており、その一環として「Comm 5.0 AI・データサイエンス副専攻」を開設する。これにより、データサイエンス・AIを駆使して世界で活躍できる人材育成を目指すという。

[関連リンク]

同志社大学_同志社データサイエンス・AI教育プログラム DDASH 2022年度開始