東北大、「THE世界大学ランキング日本版」で3年連続1位

英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」は2022年3月24日、日本の大学を独自に評価した「THE世界大学ランキング日本版2022」を公表。東北大学が3年連続で1位に選ばれた。

英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」は、各大学の強みや個性の明確化と強化を図るため、さまざまなランキングを発表している。THE世界大学ランキング日本版は教育力を中心に日本国内の大学を評価するため、2017年から始まった。今回で6回目となる。

評価は「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」「国際性」の4分野からなる。総合スコアの順位は1位東北大学、2位東京大学、3位は大阪大学と東京工業大学となった。1位から10位まではすべて国立大学で、私立大学は慶應義塾大学の11位がトップだった。

東北大学のスコアは、「教育リソース」が78.6、「教育充実度」が84.5、「教育成果」が98.6、「国際性」が88.6で、「総合」が85.6だった。「国際性」の順位は、国立大学の中ではトップの9位。「教育成果」は3位、「教育充実度」は4位タイ、「教育リソース」は6位で、「高いレベルでバランスのよさを発揮した」と評価された。

THEチーフ・ナレッジ・オフィサーのフィル・ベイティ氏は東北大学について、「日本の大学にとって非常に困難なこの時期に、3年連続でトップの座を維持したことは称賛に価する。このような一貫した卓越性の実証は、歓迎されるべきことだ」とコメントした。

[関連リンク]

THE世界大学ランキング日本版2022 (総合ランキング)