東大や京大など、前期日程の合格者を発表――風物詩の掲示板発表は中止に

東京大学や京都大学、一橋大学などが2020年3月10日、第2次試験前期日程の合格者を発表した。

前期日程で東大に合格したのは3010人。文科一類に407人、文科二類に361人、文科三類に470人、理科一類に1125人、理科二類に550人、理科三類に97人が合格した。科類ごとに最高点/最低点/平均点を見ると、文科一類は450.9111点/343.9444点/374.1542点、文科二類は442.5444点/337.6111点/361.6561点、文科三類は419.7778点/338.8667点/358.6730点、理科一類は475.7222点/320.7222点/352.5810点、理科二類は449.2889点/313.0222点/336.9197点、理科三類は492.2333点/385.6111点/414.1081点だった。

インターエデュ・ドットコムが独自に調べた高校別合格者数ランキングの速報値によると、今年の東大合格者数1位は開成高校(181人)。2位は桜蔭高校(85人)、3位は灘高校(78人)だった。

京都大学の合格者数は、2725人。総合人間学部117人、文学部213人、教育学部55人、法学部311人、経済学部222人、理学部315人、医学部184人、薬学部80人、工学部936人、農学部292人という内訳だった。

前述の高校別合格者数ランキングでは、1位に大阪府立北野高校(99人)、2位に西大和学園高校(52人)、3位に洛南高校(51人)が入っている。

東大や京大の合格者発表日と言えば、校内に掲示板を立てて掲示するのが風物詩になっている。しかし、今年は新型コロナウイルスに備えるため、東大も京大も掲示板による発表を中止。ホームページ上での発表となった。

[関連リンク]

令和2年度前期日程試験合格者・外国学校卒業学生特別選考合格者発表|東京大学
令和2年度一般入試(前期日程)合格者数について|京都大学
速報!2020年 東大・京大・難関大学合格者ランキング