岡山大学農学部、外国人留学生対象の「国際農学プログラム(GAP)」を2021年10月に開始

岡山大学は2021年3月21日、国費の外国人留学生を対象とする国際農学プログラム(GAP)を2021年10月から始めると発表した。2021年3月15日〜5月14日の出願期間を設け、農学部の研究生として新たに4人募集する。

同プログラムは、アジア・アフリカ地域の食料供給を支え、環境を保全しつつSDGsを実現する能力を持つ人材の育成を目的とするものだ。日本語での講義を中心に、国際貢献を目指す日本人学生とアジア諸国などからの留学生が、実習や演習、インターンシップなどで協力し、成長することを促す。

岡山大学によると、プログラムの開始前に、2021年10月からの6カ月間、入学試験対策、日本語教育、専門教育の準備をする予備プログラムを実施するという。本プログラムの開始は2022年4月で、それからの4年間で専門教育を行う予定だ。

専門教育では、実践型社会連携やインターンなどの体験型講義を重視しつつ、国際農学概論や数理データサイエンス科目などの講義で専門基礎力を養う。また、農芸化学、応用植物科学、応用動物科学、環境生態学の中からいずれかのコースを選ばせ、専門的スキルを高める。さらに海外実習や卒業論文研究で応用力・実践力を身に付けさせた後、大学院への進学を推奨するという。

[関連リンク]

【岡山大学】世界からSDGsの実現を目指す入学生を募集 ~農学部で国費外国人留学生の優先配置特別プログラムをスタート~|国立大学法人岡山大学のプレスリリース