日本女子大学、2024年度からトランスジェンダーの学生受け入れへ

日本女子大学は2020年6月19日、2024年度の入学からトランスジェンダーの学生を受け入れると発表した。戸籍上の性別が女性でなくても、性自認が女性であれば日本女子大学を受験できるようになる。

受け入れ時期については、4年後の2024年度からとした。今回の決定を時間をかけて学内外に広く周知するのが目的だ。また、トランスジェンダーの学生も共に学ぶということを、全ての学生が入学時に理解しておくためでもある。

篠原聡子学長は、今回の決定について「多様な人が尊重され、包摂される社会を形成する立役者としての『女性当事者』を力づけるため」と述べる。同時に「さまざまな違いがあっても不当な扱いを受けることのない、人権の尊重される社会の実現に貢献する女性の育成に努めることが本学の使命である」と話している。

なお、トランスジェンダーの学生の受け入れは、2020年度から実施予定のお茶の水女子大学、奈良女子大学、2021年度からの宮城学院女子大学に続き、国内4校目となる。

[関連リンク]

トランスジェンダー学生(女性)の受け入れについて