立命館大学とお茶の水女子大学が連携、ダイバーシティや産学連携分野での研究・人材育成を推進

立命館大学とお茶の水女子大学は2021年10月26日、互いの持つ人材や知識、情報などを活用し、研究の充実と人材の育成を図るための連携・協力に関する協定を締結した。

主な連携内容としては、ダイバーシティ研究環境の実現に向けた協力、研究交流、人材交流、共同研究、人材育成の相互支援などを挙げる。具体的には、ジェンダードイノベーションをテーマとした両大学研究センター・研究所間の共同研究や人材交流をはじめ、両大学の産業界とのネットワークを巻き込んだ研究・連携を進めていくという。

協定の締結に関し、立命館大学長である仲谷善雄氏は「お茶の水女子大学が強みを有するダイバーシティ分野と立命館大学が強みを有する産学連携が掛け合わさることで、産業界を巻き込んだ新たな研究展開および人材育成を実現させたい」と述べた。

お茶の水女子大学長である佐々木泰子氏も、「両大学は補完し合い、産学連携を推進力としてSDGsの実現に向けたイノベーションに邁進していく」とコメントしている。

[関連リンク]

-ダイバーシティ・産学連携分野の新展開へ-立命館大学とお茶の水女子大学が 連携・協力に関する協定を締結