東進、現代文のカリスマ講師・林修先生の「共通テスト対策講座 現代文」を新規開講

東進ハイスクール・東進衛星予備校を運営するナガセは2021年7月16日、東京大学の合格者から圧倒的支持を集め、現代文のカリスマと称される林修先生が担当する「共通テスト対策 現代文」を6月30日から新たに開講したと発表した。

現代文の課題文は作家・評論家・学者などのプロの書いた文章が使われるが、その文章には一癖も二癖もある。そこで本講座では、プロの文章の伝え方やその文章の理解の仕方を学ぶ。続いて、その理解を踏まえて問題を一定の手順で解く方法を身に付ける。最終的には、文章の読み方と問題の解き方をきちんとつないで個々の問題に自信を持って答えが出せる状況を作ることを目指す。

本講座は90分×10 回の授業となり、これまで実施された大学入学共通テストの第1日程と第2日程の問題に加え、試行調査の問題を扱い、複数素材を読み解く問題に対応できる力を培う。旧大学入試センター試験の良問まで網羅しているため、大学入学共通テストが今後変化したとしても完全にカバーできる内容になっているという。

同講座は、全国の東進ハイスクール・東進衛星予備校で受講できる。受講料は講座修了判定テストの料金を含めて3万8500円(税込)だ。東進生のみならず、一般の高校生も講習生として受講できる。ただし講習生の場合には、講習入会金が別途必要となる。

[関連リンク]

林修先生の共通テスト対策講座 新開講