芝浦工業大学、2022年度入試から成績優秀な女子入学者に入学金相当の奨学金を給付

芝浦工業大学は2021年9月15日、未来を担う理工系女性技術者を育成するため、2022年度学部入学者から100人を超える成績優秀な女子入学者に入学金相当の28万円を奨学金として給付することを発表した。

文部科学省が実施した「2020年度学校基本調査」によると、日本における工学系学科の女子学生比率は15.6%と低水準だ。そこで、同大学は「教育も研究も、ダイバーシティの中でこそイノベーションが生まれる」という考えのもと、創立100周年の2027年には現在の学部女子学生比率18.7%から30%以上へ引き上げることを目標とし、女子学生の入学促進に取り組んでいる。

芝浦工業大学は2018年度入試から、特に女子学生が少ない工学部機械電気系4学科に「公募制推薦入学選抜(女子)」枠を設置している。2022年度入試からは、同枠を工学部全9学科に拡大し、同枠による入学者約30人と一般入試による成績優秀な入学者約100人に奨学金を給付する。

同奨学金は、2022年度入学者から2024年度入学者の3年間給付する予定だ。奨学金給付対象者には、合格発表時に対象者であることが通知される。

[関連リンク]

2022年度から100人超の女子入学者へ入学金相当の奨学金を給付、理工系女性技術者の育成を目指す _ 芝浦工業大学