出身大学別年収ランキング2022――30歳時想定年収1位は東京大学、25歳から55歳にかけての年収アップ額1位は一橋大学

働きがい向上のために、個人・企業・社会などの視点から働きがいについて調査・リサーチを行うプロジェクト「働きがい研究所」は、2022年8月23日、「出身大学別年収ランキング2022」を発表した。それによると、30歳時想定年収1位は東京大学、25歳から55歳にかけての年収アップ額1位は一橋大学だったという。

同ランキングは、 インターネットを利用した就職・転職・キャリア関連情報サービスの提供などを手がけるオープンワークが行った調査に基づき作られたもの。

対象データは、2018年3月から2022年6月に、オープンワークが運営する企業に関する社員クチコミ情報を提供するWebサイト「OpenWork」へ登録のあった年収および出身大学データのうち、100件以上データのあった大学291校、24万6134人。大学院は除外、大学校は含めるものとし、各大学出身者の年収と年齢の分布から、25歳時から55歳時までの各年齢時想定年収を算出している。

同ランキングによると、30歳時想定年収1位は761万円の東京大学だった。以下、707万円の一橋大学、676万円の慶應義塾大学、666万円の京都大学、645万円の東京工業大学、621万円の早稲田大学、612万円の大阪大学、604万円の東北大学、603万円の防衛大学校、601万円の神戸大学が続いている。

25歳から55歳にかけての年収アップ額1位は、910万円増の一橋大学だった。以下、832万円増の東京大学、794万円増の防衛大学校、719万円増の京都大学、700万円増の名古屋大学、687万円増の神戸大学、627万円増の横浜市立大学、625万円増の早稲田大学、619万円増の上智大学、618万円増の慶應義塾大学が続いている。

[関連リンク]

出身大学別年収ランキング2022 OpenWork 働きがい研究所

[関連記事]