京都大学、2025年度特色入試の変更点を公表――法学部で新たに学校推薦型選抜実施も決定

京都大学は2022年12月7日、2025(令和7)年度の特色入試での選抜方法の変更点を公表した。法学部が後期日程を廃止し学校推薦型選抜を導入するほか、経済学部は推薦できる男子生徒の数に上限を設け、女子生徒が受験しやすくなるようにした。

同大学によると、法学部が新たに実施する学校推薦型選抜の募集定員は20人。各学校が推薦できる人数は2人までだが、男子は1人までに制限する。

第1次選考は、受験生から提出された調査書や「学びの設計書」をもとにした書類選考で、2024年11月下旬に結果を発表する。第2次選考は、英語の文章を読んで日本語で解答する小論文試験で、2025年1月上旬に結果を発表。第2次選考の合格者は、大学入学共通テストでおおむね80%以上得点できれば最終合格者となる。

経済学部は推薦人員を変更。各学校が推薦できる人数を、従来の「文系型、理系型それぞれ2人まで」から「文系型、理系型それぞれ2人(共学校では、男子の上限はそれぞれ1人)まで」に変更する。

また、同年度の特色入試で利用する大学入学共通テストの教科・科目についても公表。全学部学科・コースで「情報I」を利用科目に加える。大学入学共通テストの利用教科・科目に関する経過措置については、後日改めて公表する予定だという。

[関連リンク]

京都大学公式サイト・特色入試

[関連記事]