東京医科大学、医学科・看護学科のオープンキャンパスを開催――来場型は7/30・8/20、Web型は7/30から

東京医科大学は2022年6月17日、医学科と看護学科のオープンキャンパスを「来場型」と「Web型」のハイブリッド形式で開催することを発表した。来場型のオープンキャンパスは、3年ぶりの開催となる。

来場型オープンキャンパスは、7月30日と8月20日、東京医科大学で開催される。 医学科のオープンキャンパスは、10時から13時までの午前の部と、13時から16時までの午後の部の二部制。定員は、午前の部が280人、午後の部が140人となっている。当日は、医学科長による学科紹介、入試概要説明、模擬授業、医療体験イベント、個別相談が催される。

看護学科のオープンキャンパスは、10時から13時20分までの午前の部と、13時から16時20分までの二部制。定員は、午前の部が200人、午後の部が100人となっている。当日は、看護学科長による学科紹介、入試概要説明、模擬授業、学生スタッフによる新宿キャンパスツアー、シミュレータ体験、個別相談、在学生交流、授業概要・附属病院紹介が催される。

いずれの学科のオープンキャンパスにおいても、参加者特典として大学案内と記念グッズが配布される。

来場型オープンキャンパスへの参加には事前予約が必要。予約は先着順、同伴者は1名までで、定員に達し次第締め切りとなる。予約受付は7月1日10時から、大学ホームページで開始される。

Webオープンキャンパスは、7月30日から大学ホームページで公開される。事前予約は不要で、公開期間中はいつでも閲覧できる。学生制作のキャンパスライフ紹介動画や、学生のトークセッションmovieなどの公開が予定されている。

[関連リンク]

7月30日(土)、8月20日(土)に、来場型オープンキャンパスを医学科・看護学科で同時開催!~7月1日(金)10:00から予約受付開始(先着順) _ 東京医科大学