総合型選抜で入りやすい大学はどこ? 狙い目のおすすめ大学や評定のいらない大学を紹介!

大学入試の方法には、大きく分けて一般選抜、学校推薦型選抜、そして総合型選抜の3つがあります。総合型選抜とは、以前は「AO入試」と呼ばれていたものです。総合型選抜では、学力だけではなく、書類審査や小論文、面接、プレゼンテーションなどで入学者を決定します。現在では主要な大学のほとんどが採用している、ポピュラーな入試方法です。

試験の内容は大学・学部によってさまざま。柔軟な試験を行うことで、各大学・学部の「アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)」にマッチする学生を見極めることが総合型選抜の目的です。実施時期が一般選抜よりも早く、12月頃までに入試結果が出ることが多いので、早めに入試を終わらせたい人にもおすすめです。

総合型選抜のメリットの1つとして、「一般選抜では狙えないようなレベルの高い大学も狙える」ことがあります。総合型選抜をうまく活用すれば、難関大学や有名大学に入ることも夢ではありません。この記事では、総合型選抜で入りやすいおすすめの大学を一覧でご紹介します。志望校を選ぶ際はぜひ参考にしてください。

意外と狙い目!総合型選抜で入りやすい大学一覧

総合型選抜で入りやすい大学や、人気大学の中でも意外に狙いやすい大学をご紹介します。評定がいらない大学も挙げますので、学校の成績に自信がない人も要チェックです。

旧帝大の総合型選抜

「旧帝大」とは、日本にある東京大学、京都大学、東北大学、九州大学、北海道大学、大阪大学、名古屋大学という7つの国立大学群のことを指します。これらの大学は国公立大学の中でも最難関で、毎年人気が高いです。しかし、旧帝大のような難関大学でも総合型選抜であれば受かりやすくなる可能性があります。

旧帝大のうち、おすすめは東北大学と九州大学です。

  • 東北大学(AO入試Ⅱ期)

文学部・教育学部・法学部・理学部・医学部・歯学部・工学部・農学部

【おすすめポイント】
東北大学は比較的、総合型選抜に力を入れてきた大学です。2021年度の合格者数を見ても、全合格者1830人のうち646人が総合型選抜と、総合型選抜での合格者の多さは群を抜いています。多くの学部で総合型選抜に対応していることもうれしいポイント。

  • 九州大学(総合型選抜Ⅱ)

文学部・法学部・経済学部

【おすすめポイント】
2021年度のデータによると、九州大学の「総合型選抜Ⅱ」の文学部・法学部・経済学部は一般選抜より倍率が低く、狙い目と言えます。旧帝大に入りたい人は、こうした総合型選抜の穴場をチェックしてみましょう。

総合型選抜一般選抜
文学部2.0倍2.3倍
法学部2.3倍2.6倍
経済学部2.2倍3.2倍

有名私立大学の総合型選抜

続いて有名私立大学の中でも、総合型選抜が狙い目の大学を2021年度の倍率とあわせてご紹介します。

関東の私立大学

  • 早稲田大学

社会科学部/倍率:5.8(一般選抜8.8倍)

【おすすめポイント】
早稲田大学は日本の私立大学の中でもトップクラスの偏差値・倍率を誇ります。総合型選抜も人気が高く、中には20倍を超える倍率の学部もあります。しかし社会科学部の総合型は倍率5.8と、一般選抜より競争率が低く狙い目です。

  • 青山学院大学(自己推薦)

地球社会共生学部/倍率:3.8(一般選抜3.2倍)

【おすすめポイント】
青山学院大学 地球社会共生学部の総合型選抜(自己推薦)は、同大学の自己推薦枠の中でも合格者数が多く、倍率も低めの穴場と言えます。「青学に行きたい」と強く希望する場合は、こちらの学部からチェックしてみるといいでしょう。

  • 法政大学

文学部/倍率:2.0(一般選抜4.6倍)
経済学部/倍率:1.3(一般選抜3.6倍)
経営学部/倍率:1.3(一般選抜4.1倍)
国際文化学部/倍率:3.1(一般選抜6.0倍) など

【おすすめポイント】
法政大学の総合型選抜は、多くの学部で一般選抜よりも大幅に倍率が下がります。これは「評定平均値が 3.8 以上であること」(文学部日本文学科など)、「評定平均値が 3.5 以上であり、かつ外国語教科のいずれかの言語(英語など)の評定平均値が 4.0 以上」(国際文化学部)など、出願条件が厳しいためでしょう。学校の成績に自信がある人は、出願すれば合格できるチャンスが十分あります。

関西の私立大学

  • 関西大学

経済学部/倍率:1.5(一般選抜5.4倍)

【おすすめポイント】
関西大学 経済学部の総合型選抜は、同大学の中で最も倍率が低いため狙い目です。出願するためには「設定平均値が3.5以上」かつ「高度な資格や技能を有し、高い評価を得ている者で、かつこれを証明する資料を提出できる」もしくは「学術・文化・芸術等さまざまな分野で積極的な活動を行い、社会的に高い評価を得ており、かつこれを証明する資料を提出できる」といった条件を満たす必要があります。これに当てはまる人であれば、一般選抜よりも遥かに入りやすいと言えるでしょう。

  • 同志社大学

文化情報学部/倍率:5.3(一般選抜3.5倍)

【おすすめポイント】
同志社大学 文化情報学部の総合型選抜では、「英語、国語、数学のいずれかの学習成績の状況が4.0以上であることが望ましい」とされています。つまり、一応評定の基準はあるものの、絶対ではありません。二次審査の内容も「面接(プレゼンテーション・口頭試問)」のみとシンプルなので、対策を立てやすいと言えます。

個性を重視したユニークな選抜方式の大学も

中には、独自の基準で選抜を行っている大学もあります。以下の大学・学部の募集要件に当てはまっている人は、受験してみる価値があるでしょう。

  • 筑波大学(国際科学オリンピック特別入試)

生命環境学群・理工学群・情報学群

【特徴的な出願要件】
・生命環境学群・理工学群
国際科学オリンピック(国際生物学オリンピック、国際物理オリンピック、国際化学オリンピック)日本代表として選抜された人、または日本国内の代表選考会などで一定の成績を修めた人

・情報学群
日本情報オリンピック本戦でAランクとなった人、または情報処理推進機構が主催する未踏IT人材発掘・育成事業に採択されたテーマのクリエータ

  • 千葉大学(理数大好き学生選抜)

工学部 総合工学科 物質科学コース

【特徴的な出願要件】
・方式Ⅰ
理科に関する実験・調査活動・クラブ活動などを通して優れた自由研究を行った人、または自然科学・工学系のコンテストやコンクールなどで優れた成果を発表した人

・方式Ⅱ
高校生を対象とした個人研究で、著名な国際科学コンクールの日本代表またはそれに準ずる成績を修めた人

  • 岡山大学(物理チャレンジ)

理学部 物理学科

【特徴的な出願要件】

全国物理コンテスト「物理チャレンジ」に参加し、第2チャレンジに出場した人

  • 広島大学(総合型選抜Ⅰ型)

理学部 化学科(化学グランプリ利用型)
理学部 地球惑星システム学科(日本地学オリンピック利用型)
理学部 生物科学科(科学オリンピック型)
医学部医学科

【特徴的な出願要件】
・化学グランプリ利用型
化学グランプリで受賞した人→最終選考の筆記試験が免除

・日本地学オリンピック利用型
過去3年間に実施された日本地学オリンピック大会の予選試験において上位10%の成績を修めた人→第1次選考が免除

・科学オリンピック型
日本生物学オリンピックにおける成績を提出→それを含む出願書類を総合的に判定し選考

・医学部医学科
科学研究に関する活動を積極的かつ継続的に行い、その成果や活動を示すことができる人、日本数学オリンピック予選合格者、全国物理コンテスト(物理チャレンジ)一次合格者、化学グランプリ1次選考合格者、日本情報オリンピック予選合格者、日本生物学オリンピック予選合格者、日本地学オリンピック予選合格者のいずれかを満たす人
(入学後は医師国家試験受験資格と博士号の両者を取得するMD-PhDコースへ進学)

評定がいらない私立大学

国立・私立とも、評定がいらない大学もあります。「総合型選抜を受けたいけれど評定が思わしくない」という人は、以下の大学をチェックしてみてください。

国立大学(旧帝大)

  • 北海道大学
  • 大阪大学
  • 九州大学 など

私立大学

  • 慶應義塾大学 法学部(FIT入試 A方式)
  • 中央大学 法学部・経済学部・商学部・文学部
  • 立命館大学 文学部・経済学部・国際関係学部・政策科学部・情報理工学部 など

総合型選抜で注意するポイント

総合型選抜では、一般選抜より倍率が大幅に低いこともあります。有名大学でも2倍以下の倍率となることがあり、受験生としては飛びつきたくなるかもしれません。しかし、倍率だけを見て受験を決めないようにしましょう。

例えば出願条件に「評定平均4.0以上」「指定の大会で優れた成績を修めた人」とあるなど、条件が厳しいため受験者が少なく、倍率が低いということもあり得ます。もちろん条件に当てはまるなら出願して問題ありませんが、募集要項をよく確認してから受験する大学を決めましょう。

また、近年の総合型選抜は全体的に低倍率の傾向にあります。これは、コロナ禍の影響で部活動や課外活動ができなかった高校生が多かったためと言われています。アピールポイントがないことから、出願を諦める受験生が多かったようです。その反動で、今後は各大学が総合型選抜に力を入れ、ますます狙い目になっていくかもしれません。

どのような大学・学部を受けるにしても、高校生活から何を学び、大学でどう活かしたいのかをしっかりアピールすることが大事です。