河合塾マナビスの学費はどれくらい? 料金体系を解説!河合塾類似サービスとも比較

「河合塾マナビス」は、河合塾グループが経営する予備校の1つです。良質な教育を全国に展開するため、フランチャイズによって運営されています。2022年3月時点で、青森県から沖縄県まで全国に330校以上の校舎があります。

合格実績に関しては、河合塾マナビス単体では発表されていません。しかし、河合塾グループ全体での、講習受講生を含む合計(現役・浪人両者込み)でいえば、2021年度は東京大学1207人、京都大学1217人、早稲田大学5396人、慶應義塾大学3233人、医学部医学科に国公立・私立合計で4506人と、大手予備校グループならではの手堅い実績を挙げています。

河合塾マナビスでは、最大手の予備校である河合塾が制作するクオリティーの高い授業を受けられることから、ぜひ検討したいと考える人も多いでしょう。

そこでこの記事では、河合塾マナビスの学費システムを解説します。河合塾類似サービス「河合塾One」とも比較していきますので、ぜひ参考にしてください。

河合塾マナビスってどんな予備校?

河合塾マナビスは、現役生のみを対象に、主に映像授業で学習を進める予備校です。

映像授業は約1000講座のラインアップがあります。どれも、生徒から「分かりやすい」と評価の高い講師だけを厳選した、ハイクオリティなものばかりです。映像授業を長年作り続けているノウハウを活かし、見やすさ・聞きやすさも万全。黒板の文字の色やサイズにもこだわり、音声は早送りでも聞き取りやすいように工夫されています。

そして生徒一人ひとりにアドバイザーが付くことも、河合塾マナビスの魅力の1つ。河合塾マナビスでは受講後に毎回必ず、「アドバイスタイム」が設けられています。アドバイザーと5分程度の短い面談を行い、授業の理解度を毎回チェックしてもらうことで、どう復習すればいいか明確になるのです。

また、月に1度の「月例面談」や、模試の後の「模試面談」も必ず実施されます。月例面談では、学習計画の通りに進んでいるかをチェック。模試面談では、成績表をもとに教科ごとの学習進捗を確かめます。アドバイザーと共に学習計画・達成度を細かくチェックしていくため、モチベーションアップにもつながります。もちろん、進路相談なども気軽に可能です。

さらに、河合塾マナビスでは「校舎での受講」または「自宅でのオンライン受講」を選べるうえ、併用も可能です。部活や学校行事などで忙しくても、「この日は校舎で」「この日は自宅で」と、予定に合わせて柔軟に学習できます。自宅でも校舎での学習と同様の学力チェック、講座、テスト、面談をオンラインで受けられます。

河合塾との違いは?

「河合塾」は河合塾マナビスと同じグループの予備校で、通学・対面授業によって学習していきます。1933年に創立された老舗予備校で、2021年3月時点の生徒数は、グループ全体で10万人以上。毎年非常に多くの受験生が通う、最大手の予備校です。

河合塾マナビスの場合、コース分けはありません。また、対象も現役生のみとなっています。一方で河合塾では、以下のように学年や目的に合わせてコースを選べます。この他にも多くのコースがあるため、自分に適したコースを選びましょう。

コース名対象概要
高校グリーンコース高校生(高1生・高2生・高3生)高校生を第一志望大学“現役合格”へと導くコース
大学受験科高卒生高卒生を第一志望大学合格へと導くコース
東大現役進学塾 MEPLO高校生・中学生中高一貫校に通う中学生および高校生のための東大現役進学塾
河合塾One高卒生・高校生AIオンライン教材を使った勉強し放題の定額サービス

現役生を対象とする「高校グリーンコース」を設置している校舎は、北海道から福岡県まで全国に50校と少なめ。一方、河合塾マナビスは全国に330校以上あるため、地方に住んでいる場合は河合塾マナビスの方が通いやすいでしょう。

河合塾マナビスの基本の料金体系を解説!

ここからは、河合塾マナビスの学費についてご紹介します。河合塾マナビスは現役生のみを対象としており、料金体系もシンプルです。

河合塾マナビスに入会すると、以下の料金がかかります(料金はすべて税込)。

事務手数料 5500円
学習サポート料 5500円/月
受講料(45分×1講) 1910円
受講料 (60分×1講) 2550円
受講料 (90分×1講) 3820円

それぞれ詳細を見ていきましょう。

事務手数料・学習サポート料

河合塾マナビスには、「入会金」がありません。その代わりに、「事務手数料」を支払います。

事務手数料は、入会時のみ支払う料金です。ただし、以下の項目に当てはまる場合は、事務手数料は免除となります。

  • 本人が河合塾生、または過去に河合塾マナビス生・河合塾生だった
  • 兄弟・姉妹が河合塾マナビス生・河合塾生、または過去に河合塾マナビス生・河合塾生だった
    ※「河合塾生」に該当するコースについては、河合塾マナビス各校へお問い合わせください。

一方、「学習サポート料」は月額制です。入会の翌月分から支払い開始になります。

受講料

「受講料」は1講ごとに決まっており、講座数を掛けて料金を算出します。例えば、90分の講座を20講受講する場合、料金は3820円×20講=7万6400円です。

河合塾マナビスでは生徒ひとり一人に合わせて最適な学習プランを提案しているため、このように学習プランによって受講料が異なるシステムになっています。

また、1回で多数の講座を申し込む場合は割引制度が適用されます。詳細は、各校舎の窓口へお問い合わせください。

オンラインで学べる「河合塾One」との違いは?

河合塾マナビスと似たコースに、「河合塾One」があります。

前述の通り、「河合塾One」は、オンライン教材を使用して学習していきます。河合塾マナビスと同じく、映像授業を視聴する受講スタイルです。一方、料金システムやサポート体制などは大きく異なります。

河合塾マナビスと河合塾Oneの違いは、以下の通りです。


河合塾マナビス河合塾One
受講スタイル自分に合った学習計画を元に、必要な講座を選択して学習する河合塾のノウハウを活かしたAIが専用の学習メニューを組み立て、フルオンラインで学習する
対応教科国語(現代文・古文・漢文)・英語・数学・理科(物理・化学・生物・地学)・地歴(日本史・世界史・地理)・公民
※小論文対策講座、資格試験対策講座もあり
英語・数学・古文・物理・化学・生物・日本史・世界史のみ
講座数(コンテンツ数)約1000講座1万5000以上
受講方法校舎での受講または自宅でのオンライン受講を選択(併用も可能)自身のPC・スマホからのオンライン学習のみ
受講料受講する講座数により異なる3つの定額プランから選択
サポート体制申し込み後に専任のアドバイザーが付く。
学習計画の組み立てのほか、受講後の面談「アドバイスタイム」や、月例面談・模試面談も実施。
専任のアドバイザーは付かない。
希望する場合は、有料で「トレーナー」を付ける必要がある。また、質問対応の「先生」に月3回までは無料で質問できるが、4回目以降は有料。

河合塾Oneのコンテンツは、河合塾マナビスよりも数は多くなっています。しかし、内容は基礎レベルのものが多め。そのため、河合塾Oneは苦手な教科のみピンポイントで対策したり、基礎固めのために総ざらいしたりする目的で、河合塾マナビスと併用してもよいでしょう。

また、河合塾Oneは7日間の無料体験ができるため、まずはお試しで申し込んでみても損はありません。無料体験の後は自動的に有料サービスが開始されるため、解約する場合は忘れずに手続きをしてください。

河合塾Oneの料金についての詳細は、以下の記事をご覧ください。

まとめ

河合塾マナビスは、河合塾による分かりやすい授業を、全国どこからでも受けられます。校舎での受講、または自宅でのオンライン受講を選べて、幅広い学習環境に対応しています。

また、一人ひとりに合わせて異なる学習プランを提案するため、学費もそれぞれ差があります。ホームページでは、おすすめの受講例が学年や志望校別に掲載されています。河合塾マナビスの受講を検討する際は、ぜひ参考にしてみてください。

同じく在宅でオンライン学習ができる河合塾のサービスとして、河合塾Oneがあります。手頃な料金体系で、マナビスとの併用も可能です。