予備校の単科講座・コースを受けるメリットってある? 費用や自習室の利用などについても解説

志望校合格に向け予備校へ通うとなると、やはり気にかかるのが費用です。

予備校によっても異なりますが、1年間通学した場合、計100万円程度かかります。決して安くない金額ですから、できるだけ費用を節約したいという人もいるでしょう。

そこで、有効なのが「単科」で授業を受講するという方法です。

この記事では、単科で授業を受講する場合のメリットやデメリットを中心に、単科で授業を受けられるおすすめの予備校などを紹介していきます。

予備校にかかる料金をなるべく抑えたいという人はぜひ参考にしてください。

そもそも単科とは何か。その費用についても詳しく

では、まず「単科」とはどういうことでしょうか。

通常、予備校に入学すると、学生の実力や志望校に見合った「コース」や「カリキュラム」に沿って勉強を進めることが多いです。つまり、受験に必要な複数の科目を自動的に受講することになります。

一方、科目ごとに一つずつ授業を受けられるのが「単科」です。単科であれば、苦手科目の克服などの目的に合わせて、特定の科目に絞って受講することができます。

特に私立大学は受験科目が少ないので、私立専願の人の場合は単科で受講して必要な科目のみ学ぶことも理にかなっています。。

単科で受講すれば、当然、費用を大きく抑えることもできます。

下記の表は、ある大手予備校でコースを受講した場合と単科のみを受講した場合の料金の比較です。

1年間にかかる費用(入学金+学費)※私立大学受験、受験科目3科目と仮定

このように、コースで学ぶ場合と単科で学ぶ場合では料金に大きな差が出ることが多いです。そのため、できるだけ費用を抑えたいという学生や浪人生にとって、単科で受講するというのは有効な手段の一つでしょう。

単科講座・コースを受講するメリット・デメリットを紹介

単科講座・コースを受講するメリット

単科で受講した場合、費用が抑えられるという点以外でどのようなメリットがあるのでしょうか。

一つ目は、講師を選べるということです。通常のコースの場合、授業がカリキュラム化されているため、決められた講師の授業しか受けられません。。しかし単科であれば、どの講師の授業を受けるかを自分で決められ、同じ科目で複数の先生の講義を受講することも可能です。

二つ目は、自分の学習進度に合わせて勉強しやすいことです。通常のコースの場合、受けることになる講座は決まっているので、自分の学力では簡単過ぎても難し過ぎても、その講座を受講しなければなりません。一方、単科の講座は多くの場合、さまざまなレベル設定がされてます。そのため、単科の場合は得意科目はハイレベル、苦手科目は基礎レベルなどと自分の学習進度に合わせて学習できます。

三つ目は、単科生であっても予備校によっては自習室を使えるということです。快適な空間で集中して勉強できる自習室は、受験生の味方です。また、その場で勉強している学生を見て、勉強のモチベーションを上げられるなど、精神的な助けにもなるでしょう。

単科講座・コースを受講するデメリット

一方、単科で受講する場合、いくつかのデメリットもあります。

まず、自分で受験全体のスケジュールを管理しなければならないということです。通常のコースの場合、すでに受験までの全体スケジュールが組まれていますので、その通りに受講していれば受験に間に合うように学習を進められます。しかし、単科の場合は、受講科目とそうでない科目とのバランスを取りながら、自分でスケジュールを組み勉強を進める必要があります。

次に、自習室が使えない場合があるということです。予備校によっては、本科生のみ自習室が利用でき、その他の単科生などは利用不可できない、あるいは受講日にしか利用できないということもあります。その場合、集中して勉強できる環境を自分で見つけなければなりません。

最後に、学割や通学定期が使えない場合があるということです。予備校によっては、単科生には学割や通学定期を発行していません。その場合、遠くから通うのであれば余分に交通費がかかったり、学割キャンペーンなどの恩恵を受けられなかったりします。

単科講座・コースのある主な予備校

それでは、単科で授業を受けられる主な予備校をご紹介します。

代々木ゼミナール

大手予備校の一つである代々木ゼミナールは、バラエティに富んだ講座で人気の予備校です。さまざまなレベルや内容の授業を行っていることから、自分に合った内容の授業を選べます。

代々木ゼミナールでは、高校1~3年生に向けた単科ゼミがあり、1講座から受講可能です。大学別・共通テスト対策や講師オリジナル講座など授業の種類が多いため、レベル別・志望大学別・目的別に自分に最適な講座を選べます。

代々木ゼミナールの単科ゼミにかかる主な料金は以下の通りです。

代々木ゼミナール 単科ゼミ入会金及び費用

また、単科生であっても自習室が利用できるのが特徴です。「家で勉強が進まない」「静かな環境で勉強したい」という人にうれしい抜群のサポート体制が整っています。

さらに、学習・進路相談のサポートもあります。一人で勉強に行き詰まったとき、志望校について相談したいときには、チューターが相談に乗ってくれるので安心です。

なお、浪人生向けの単科ゼミも用意されています。こちらも現役生と同じく、コースで受講するより費用を抑えられる上、自分の受けたい科目だけを受けることができます。

しかし、現役生と違って自習室は受講日にしか使えないという制約があります。また、自習室の図書の貸出や閲覧ができないという点にも注意が必要です。 

東進ハイスクール・東進衛星予備校

現役東大合格者数No.1の東進ハイスクール・東進衛星予備校(以下、東進)は、講師陣の高い実力と入試傾向を捉えた的確な授業で有名な予備校です。

その東進では、志望校に合格するために必要な年間講座をセットで申し込む志望校通期ユニットのほかに、1講座ずつ申し込む通期講座(単科)があります。

通期講座の特徴は、何と言っても「高速学習」です。通常週1回の授業で1年かけて学ぶ内容を、最短2週間~3カ月以内で集中して学び終えるため、いち早く学力基盤を整えて志望校対策に取り組めます。

ここからは東進の入学料と授業料金を紹介します。

東進ハイスクール・東進衛星予備校 通期講座(単科)入学金及び費用

また、単科しか受けていない学生でも、東進で学ぶ学生は自習室が使えます。ただし、各校舎によって規模や開館時間などが異なりますので、まずはお近くの校舎に問い合わせてみましょう。

なお、浪人生の場合も単科の授業を受けることができますが、授業が開講している校舎が限られてくるため、あらかじめ公式ホームページなどで確認することをおすすめします。

駿台予備校

大手予備校の駿台予備校は、2020年東大合格者数トップという実績を持つ実力派予備校です。集中力を切らさず授業に取り組めるよう、1限50分の短時間集中型の授業を行うことでも知られています。

そんな駿台予備校では、一人一人に合わせた分野・レベル・志望校別集中授業として、特設単科講座が設置されています。2次・私大対策や論述対策、志望校別の対策講座まで幅広く設置されており、目的に合った講座を選択できるのが特徴です。

それでは、駿台の単科講座にかかる料金を見てみましょう。

駿台予備校 特設単科講座入学金及び費用

なお、高卒生も特設単科講座を受けることができます。ただし、基本的にはコース制を推奨しているため、講座数はあまり多くないようです。

まとめ

「志望校合格に向けて予備校に通いたいけど費用は抑えたい」「自分の苦手な科目だけをとりたい」という方に向けて、単科で授業を受ける方法をご紹介しました。

料金を抑えられたり、必要な科目だけを受けられたりするというメリットもありますが、もちろん自分でスケジュール管理をする必要があるといったデメリットもあります。

良い面と悪い面を考慮しながら、自分に合うかどうか検討してみてください。